fc2ブログ

今度は長女が北海道新聞に写真が載ることに

先日、当ブログにて

北海道新聞に後姿の写真が載ってしまった

として、北海道新聞の朝刊での「栗山町立 介護学校30年」と題して、栗山町にある北海道介護福祉学校についての特集記事が載り、今年の入学式の写真が掲載され、入学式で椅子に座っている僕の後姿が記事での写真に写っていましたことを書きましたが、同じ特集記事でのカラー写真にて、今度は現在1年生の長女が、授業を受けている長女が写真でチラッとだけ写りました。

170525.jpg

写真は今年入学した1年生の授業風景でもありますが、ベッドメーキングの実技の授業で、その様子を覗き込んでいる長女の顔半分が写っていました。

特集記事としての「栗山町立 介護学校30年」は昨日までの3回で終了しましたが、町立としての介護専門学校の設立の経緯、入学者の減少の中、介護施設との連携により介護人材確保に取り組んでいる様子、同窓生が介護現場で活躍していることについてなど、栗山町としての取り組みなども、記事でまとめられていました。

記事では、介護職についての「負のイメージ」が書かれていましたが、記事でも詳しく書かれていましたが、一般的には労働内容の割には給料が安いイメージの介護福祉士ではありますが、介護福祉士としての資格を取って、正職員として働くことができれば、決して給料が安いというわけではありませんし、地方自治体などでの特別養護老人ホームなどでの正職員であれば、自治体職員扱いにもなりますから、社会保障などもしっかりとしています。

僕自身も、介護の世界は当初は「負のイメージ」を持っていましたが、長女が進路先に選んだ頃から、色々と調べたりしましたが、介護施設によっての違いはあるでしょうが、正職員として働くことができれば、自治体職員として比較的安定した収入でもあり、何よりも人手不足で、いわば売り手市場でもありますから、これからの将来も考えると、仕事内容は確かに大変な側面もありますが、どのような仕事でも楽な仕事などありませんし、介護職は人の役に立つ仕事でもありますから、将来的にも特に若い人には勧められる仕事とも思います。

なお、記事にもなった北海道介護福祉学校ですが、来月6月24日(土)からは体験入学としてのオープンキャンパスが行われます。

遠方の方には、宿泊費や交通費の助成もあり、保護者の方も一緒に見学可能で、我が家も昨年オープンキャンパスに参加し、そこで長女は入学を希望することになりますが、興味のある高校生は、このオープンキャンパスに参加されることもオススメします。

北海道介護福祉学校のオープンキャンパスについては、学校のHPにて詳しい内容が記載されており、参加申込や資料請求もHP上からできますので、介護に興味のある方は、ぜひ学校のHPも見て下さい。。。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nigishi

Author:nigishi
北海道日高管内新ひだか町静内本町にて理容室を営んでおります。

当店の営業時間や休業日や料金などは、リンク先にあります、当店のHPにて、ご確認下さい。

読み逃げもコメントも大歓迎ですが、記事に関係の無いサイト宣伝や商品宣伝などのコメントは勝手ながら削除させていただきますので、ご了承願います。

どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北海道
11位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR