FC2ブログ

明日9/21(土)~9/23(月)まで「静内神社例大祭」が新ひだか町の静内神社で開かれます

記事タイトルにも書きましたが、明日9/21(土)~9/23(月)まで「静内神社例大祭」が新ひだか町の静内神社にて開かれます。



静内神社祭典は毎年秋に行われていますが、秋祭りには収穫に感謝する意味があり、実りの秋を迎えられたことに感謝し、ますますの発展、安寧、無病息災を祈願する地域のお祭りでもあります。

そして、お神輿は、神の乗り物なので、神社を出て地域を巡り、神社に帰ってくるものですが、各地域のそれぞれのお祭りには、それぞれの意味合いと由来があり、祭りには文化を伝承し、地域社会で「横の絆」を結び、暮らしの基盤を整えたりする役割もあります。

190919_2.jpg

このように、お祭りの意味合いを調べていくと、地域の歴史の奥深さなどにも触れることができますし、日本の伝統文化でもある祭りを考えていくと、文化を継承することの大切さも感じてきます。

ただし、特に地方に当てはまることでしょうが、年々地域のお祭りも手伝いの人が少なくなっています。

ここ静内神社のお祭りでも、自治会などの役員が中心となって、祭典区の手伝いなどに出てくる人がいますが、高齢化が進み、手伝う人数が毎年減り続けています。

僕の場合も、限られた時間での手伝いしかできませんし、日中仕事をしている人だと、手伝える人は限られます。

全国規模のお祭りだと、手伝いの人も全国から集まってくるでしょうが、地域のお祭りとなると、手伝う人の確保も年々大変になっていきます。

個人的には、だからこそ地域の学校などで、子供達に地域のお祭りの意味や、文化についてを言い伝えていくことが必要なのではないかとも思いますが、政教分離の観点から、学校教育でお祭りを言い伝えていくことは難しくなってきています。

ただし、お祭りを宗教として捉えるのではなく、地域に代々受け継がれている大切な文化でもあるのだから、文化として取り入れて、教育の一環として学校教育にも取り入れてほしいとも思いますし、文化の継承の大切さを文科省が言っているのだから、地域教育としても、今こそ取り入れるべきだとも思います。。。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nigishi

Author:nigishi
北海道日高管内新ひだか町静内本町にて理容室を営んでおります。

当店の営業時間や休業日や料金などは、リンク先にあります、当店のHPにて、ご確認下さい。

読み逃げもコメントも大歓迎ですが、記事に関係の無いサイト宣伝や商品宣伝などのコメントは勝手ながら削除させていただきますので、ご了承願います。

どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北海道
11位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR