fc2ブログ

ネット記事より『髪は卵と同じ!? 一度、加熱されたら元には戻らない…正しいドライヤーの使い方を覚えよう』

先日、女子SPA!にて

髪は卵と同じ!? 一度、加熱されたら元には戻らない…正しいドライヤーの使い方を覚えよう

との記事がありました。



興味のある方は、上記リンク先よりご覧下さい。

勝手ながら記事の一部を抜粋すると、次のように書かれています。

髪はタンパク質でできていますが、高熱を加えられると変性、つまりダメージを負います。一度熱を加えた「ゆで卵」は「生卵」へ戻すことができないように、一度高熱で変性した髪は元に戻りませんので、注意が必要です。

そこで気になるのがドライヤーの高熱ですよね。ドライヤーの高熱に悪いイメージを持っている方は多く、自然乾燥させているという方も多いのですが、ドライヤーは使ったほうが良いです。

髪は、濡れた状態だと傷みやすいということもありますが、頭皮にいる雑菌の異常繁殖を起因とするトラブルや、頭皮のニオイやかゆみを防ぐ意味でも、ドライヤーの適切な使い方に注意した上で、きちんと乾かすのがベストです。


記事では正しいドライヤーの使い方についても詳しく紹介していますので、ぜひ元記事もご覧になって下さい。

記事の中で、ドライヤーだけでなくヘアアイロンの高熱についても書かれていますが、アイロンはドライヤーよりも圧倒的に高い温度で髪に接することになりますので、特に注意が必要です。

前提として、濡れていたり、半乾きの髪には使わないことが大切で、ヘアアイロンは乾いた髪へ使いましょう。

ドライヤーもヘアアイロンもどうしても時間短縮のために、高熱で使っているという人も多いと思いますが、高い温度で長時間ヘアアイロンを使うと毛髪そのものはどんどん傷んでいきますから、自宅でヘアアイロンを使っているという方は、記事にも書かれているように、130度くらいで一か所に対して3秒程度までにすることが望ましいです。

記事タイトルにも書かれていますが、髪の毛は一度高熱で変性してしまうと元に戻りませんので、くれぐれも注意して使用して下さいね。
スポンサーサイト



プロフィール

nigishi

Author:nigishi
北海道日高管内新ひだか町静内本町にて理容室を営んでおります。

当店の営業時間や休業日や料金などは、リンク先にあります、当店のHPにて、ご確認下さい。

読み逃げもコメントも大歓迎ですが、記事に関係の無いサイト宣伝や商品宣伝などのコメントは勝手ながら削除させていただきますので、ご了承願います。

どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北海道
8位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR