fc2ブログ

明日9/21(土)~9/23(月)まで「静内神社例大祭」が新ひだか町の静内神社で開かれます

記事タイトルにも書きましたが、明日9/21(土)~9/23(月)まで「静内神社例大祭」が新ひだか町の静内神社にて開かれます。



静内神社祭典は毎年秋に行われていますが、秋祭りには収穫に感謝する意味があり、実りの秋を迎えられたことに感謝し、ますますの発展、安寧、無病息災を祈願する地域のお祭りでもあります。

そして、お神輿は、神の乗り物なので、神社を出て地域を巡り、神社に帰ってくるものですが、各地域のそれぞれのお祭りには、それぞれの意味合いと由来があり、祭りには文化を伝承し、地域社会で「横の絆」を結び、暮らしの基盤を整えたりする役割もあります。

190919_2.jpg

このように、お祭りの意味合いを調べていくと、地域の歴史の奥深さなどにも触れることができますし、日本の伝統文化でもある祭りを考えていくと、文化を継承することの大切さも感じてきます。

ただし、特に地方に当てはまることでしょうが、年々地域のお祭りも手伝いの人が少なくなっています。

ここ静内神社のお祭りでも、自治会などの役員が中心となって、祭典区の手伝いなどに出てくる人がいますが、高齢化が進み、手伝う人数が毎年減り続けています。

僕の場合も、限られた時間での手伝いしかできませんし、日中仕事をしている人だと、手伝える人は限られます。

全国規模のお祭りだと、手伝いの人も全国から集まってくるでしょうが、地域のお祭りとなると、手伝う人の確保も年々大変になっていきます。

個人的には、だからこそ地域の学校などで、子供達に地域のお祭りの意味や、文化についてを言い伝えていくことが必要なのではないかとも思いますが、政教分離の観点から、学校教育でお祭りを言い伝えていくことは難しくなってきています。

ただし、お祭りを宗教として捉えるのではなく、地域に代々受け継がれている大切な文化でもあるのだから、文化として取り入れて、教育の一環として学校教育にも取り入れてほしいとも思いますし、文化の継承の大切さを文科省が言っているのだから、地域教育としても、今こそ取り入れるべきだとも思います。。。

ネット記事より『うぶ毛剃りの正しい方法は? メイクのりアップ。ワントーン明るい肌に』

先日、MYLOHASにて

うぶ毛剃りの正しい方法は? メイクのりアップ。ワントーン明るい肌に

との記事がありました。

興味のある方は、上記リンク先よりご覧下さい。



勝手ながら記事の一部を抜粋すると、次のように書かれています。

正しくうぶ毛剃りをした顔は肌の明るさがアップし、より透明感のある肌になります。なぜなら、うぶ毛を剃る際にくすみのもととなる古い角質や毛穴汚れも除去され、皮膚の保湿力、再生力が改善し、毛穴が引き締まって見えるから。

さらに水分量・油分量が上昇することも理由のひとつ。肌のキメがアップします。メイクする際もファンデーションが毛穴に溜まりにくくなり、うぶ毛に邪魔されず、生え際まで均一に肌にフィット。夏のメイク崩れも防げますね。


記事では、女性用使い捨てカミソリを使って、自分自身でのうぶ毛剃りの正しい方法をパーツ別に分かりやすく書かれています。

ポイントは毛の流れに沿って剃ることで、カミソリを持っていない手で皮膚を引っ張ることで、凹凸がある箇所も剃りやすくなります。

また、記事にも書かれていますが、おでこやこめかみの生え際は、ギリギリのラインに沿って剃ると不自然になりますので、必ず残して剃るようにして下さいね。

女性だと、気付いた時に自分で女性用使い捨てカミソリを使ってうぶ毛を剃る人も多いとは思いますが、女性用使い捨てカミソリでは古くなった角質を取り除くことはできません。

理容室での「お顔剃り」は、専用のカミソリを使い、適切な角度でウブ毛剃ることで、古くなった角質も取り除くことができます。

ここが自らのセルフで行うのと、プロのシェービングとの絶対的な違いでもありますが、大切な記念の日などの際には、ぜひ理容室で「お顔剃り」をしてみてはいかがでしょうか?(^^)

11月開催の「まちゼミin新ひだか」の予告ムービーができました

こちらでも度々お知らせしていますが、11/1~11/30に「第1回 まちゼミin新ひだか」を新ひだか町静内地区の様々なお店や事業所で開催されます。

190916_5.jpg

「まちゼミ」とは、地域の商店や事業所が講師となり、少人数(約3~7名)に制限することで、より深くお店の専門性を活かして、普段知ることのできない情報やプロならではの特徴的な知識を知ることができる、少人数制のミニ講座です。(基本的に材料費がかかる場合を除いて受講料は無料です!)

190916_4.jpg

その「まちゼミ」は現在、全国で385地域にて開催されていて、北海道内でも24地域で開催されており、「買い手よし・売り手よし・地域よし」の『三方よし』の地域活性化の取り組みでもあります。

190916_6.jpg

そんな「まちゼミ」を新ひだか町静内でも開催しようと、昨年から事業所対象の説明会などを繰り返し、いよいよ11月の1ヵ月間に新ひだか町静内地区で「第1回 まちゼミin新ひだか」が開催されることが決まりました。

190916_3.jpg

すでに公開している公式facebookページに続いて、公式ツイッターも「まちゼミin新ひだか」として開設し、参加事業所や講座内容もこれから情報発信していきますので、興味のある方は、グーグルやヤフーなどの検索サイトにて

190719.jpg

として検索いただければ、公式SNSが出てきますので、こちらからご覧下さい。

その「第1回 まちゼミin新ひだか」での参加事業所の紹介も含めて、予告ムービーも出来上がりました。(^^)



上記から、予告ムービーを視聴することもできますので、テーマソングでもある地元のアコースティックデュオ「はらいち」のオリジナルソング「この町を知ってるかい?」と共にご覧下さい。(^^)

10/1(火)18:30~19:30に当店にて『第8回 商店主によるワンポイントゼミ~自分で行う鼻毛脱毛の仕方 伝授します!』を開催します

先日、当店のfacebookページにて先行してお知らせさせていただきましたが、記事タイトルにもありますように、当店にて10/1(火)に『第8回 商店主によるワンポイントゼミ~自分で行う鼻毛脱毛の仕方 伝授します!』(18:30~19:30)を開催します。

第8回 商店主によるワンポイントゼミ

詳しくは公開していますfacebookイベントページでの

第8回 商店主によるワンポイントゼミ「自分で行う鼻毛脱毛の仕方 伝授します!」

にて、ご覧下さい。

昨年12月に開催した「第4回 商店主によるワンポイントゼミ」では、参加者体験型の『鼻毛ワックス脱毛無料体験』として、参加受講者自らに体験していただきました。

今回は女性の方にも参加しやすいように、資料や動画を使い、サロン専売品の鼻毛ワックス脱毛「サボテンノーズワックス」を使用し、セルフとして自分で行う鼻毛脱毛の仕方について分かりやすく説明させていただきます。

そして実際にどのような感じで行うのかを、店主自らがモデルとなって行い、その様子を参加受講された皆さんにも見てもらいます。(^^;

予定としては最初の約30分間が使用説明を含めた講座とし、後半30分は質疑応答・意見交換での参加受講者とのコミュニケーションの時間として行わせていただきます。

コミュニケーションの時間には、11月に開催される「まちゼミin新ひだか」(新ひだか得する街のゼミナール)での他店・他事業所の講座についても事前に当日お知らせさせていただきます。

なお、この『第8回 商店主によるワンポイントゼミ~自分で行う鼻毛脱毛の仕方 伝授します!』ですが、11月1日から新ひだか町静内で開催する「まちゼミin新ひだか」に当店は参加しますが、当店での講座には含まれておりませんので、リクエストがない限りは今回限りになるかもしれません。

定員は先着5名のみとさせていただきますので、参加受講したい方は当店に直接電話連絡いただくか、FBイベントページでの「参加希望」をクリックするか、またはメッセージにてご連絡下さい。

なお、当ゼミでは一切販売行為をしませんので、気軽にご参加下さい♪

11月に新ひだか町静内地区にて開催する「まちゼミ」の参加事業所対象の説明会に行ってきました

先週の9/13(金)は、新ひだか町商工会2F会議室にて、11/1~11/30に開催する「第1回 まちゼミin新ひだか」の参加事業所を対象とした「まちゼミ事前説明会」が昼の部(15~17時)と夜の部(19~21時)の二部構成で行われ、実行委員としてこの説明会に参加してきました。

DSCF5110.jpg

開催時に向けた講義、グループワークによるディスカッション、講座の受付や進行についての留意点など、実際の「まちゼミ」開催に向けて、講師として来道していただいた、岡崎まちゼミの会代表の松井洋一郎さんには、分かりやすく説明をしていただきました。

DSCF5131.jpg

この11月開催の「第1回 まちゼミin新ひだか」ですが、新ひだか町静内地区の参加事業所は22事業所で、期間中に参加事業所で開催される少人数制のミニ講座(3~7名以内)は24の講座となり、開催期間中はほぼ毎日新ひだか町静内地区にて、少人数制のミニ講座「まちゼミ」が開催されることになります。

DSCF5133.jpg

来月からは参加事業所の店内などで、少人数制のミニ講座(3~7名以内)でもある「まちゼミin新ひだか」について、

190915.jpg

このような案内が店内に掲示されることにもなります。

190804_14.jpg

「まちゼミ」について分かりやすく書かれた説明案内が掲示される他、10月中旬頃には「第1回 まちゼミin新ひだか」を紹介するチラシが、北海道新聞の折込チラシとして入る他、新ひだか町静内地区で配布される「広報新ひだか」11月号にも、同様のチラシが入る予定となっております。

なお、「まちゼミin新ひだか」については、すでにfacebookでの公開ページ

まちゼミin新ひだか

として、参加事業所の一部紹介を始めとして、開催に向けての情報も随時アップされている他、これから開催される11月に向けては、参加事業所の紹介や、実施される講座内容なども含めて、折込チラシの情報を先行して発信していきますので、興味のある方でfacebookをされている方はFBページでの「いいね!」を押すか、お気に入りとして登録いただければ、一足早く情報を見ることができますよ♪

11月の1ヵ月間のロングラン期間は、新ひだか町静内の街中で、お店や事業所で毎日楽しい講座が開催されますので、ぜひとも「まちゼミin新ひだか」を楽しみにお待ち下さい。(^^)

本日9/15(日)と明日9/16(月)は当店の定休日となります

当店の定休日は毎週日曜日と第3月曜日となっておりますが、そのため本日9/15(日)と明日9/16(月)は当店の定休日となります。

両日共に用事で自宅にいない時間もあるため、予約電話でも電話に出ることができない場合もありますので、ご了承下さい。

引き続き当店をよろしくお願いいたします。m(_ _)m


新ひだか町「静内ケアセンター多目的ホール・ゼラ」での「ビブリオバトルナイトin新ひだか」に参戦してきました

一昨日の夜ですが、以前に当ブログでも

9/12(木)18:30より「静内ケアセンター多目的ホール・ゼラ」にて「ビブリオバトルナイト」を開催します

でもお知らせしましたように、「ビブリオバトルナイト」を開催し、またバトラーとしても参戦してきました。

DSCF5080.jpg

ちなみに「ビブリオバトル」というのは、本を紹介するバトラーが、紹介したい本を順番に5分間で発表し、その後2~3分ほど質問タイムを設け、全員の発表が終わったら、どの本が一番読みたくなったか?を基準として投票を行い、最も読みたい!を集めた人が優勝というシンプルな知的書評ゲーム。

DSCF5081.jpg

道内でも図書館などで実施しているところも多く、新ひだか町でも2年前までは何度か図書館でも行われましたが、日中に行なわれ、夜のイベントとしての開催は新ひだか町では初となります。

元々は仲間内での忘年会の場で、お酒を交えながら「夜のビブリオバトル」をやっていましたが、これをイベントとして行ったというのが今回の「ビブリオバトルナイトin新ひだか」。

そのバトラーですが、僕と今回の会場提供をしていただいた静内ケアセンターの下川社長、そして積極的に自らバトラー希望をしてくれた中学生2名と小学生1名の5名のバトラーと、観戦者の中、予定通り18:30にスタート。

開催にあたり、ビブリオバトル公式ルールの説明、そしてチャンプ本を紹介いただいたバトラーへの優勝商品としての、当店からの特別協賛品としての「UVケアジェル」についての説明をさせていただき、いよいよバトル開始!

バトラーの最初は、僕が行い、紹介したのは『まちゼミ さぁ、商いを楽しもう!』(松井洋一郎・著)

190208.jpg

続いて、小学校6年生の女の子が紹介した『自閉症の僕が飛びはねる理由』(東田直樹・著)

190912_3.jpg

そして中学2年生の男の子が紹介した『ドアD』(山田悠介・著)

190912_4.jpg

続いても中学2年生の男の子が紹介した『コンビニの「買ってはいけない」「買ってもいい」食品』(渡辺雄二・著)

190912_5.jpg

最後は、会場提供していただいた静内ケアセンターの下川社長が紹介した『「平穏死」という選択』(石飛幸三・著)

DSCF5101.jpg

バトル終了後は、観戦者も含めての投票を行い、見事にチャンプ本となったのは、静内ケアセンターの下川社長が紹介した『「平穏死」という選択』となりました。(^^)

DSCF5102.jpg

チャンプ本を紹介した下川さんには、当店からの特別協賛品としての「UVケアジェル」を進呈。

190912_2.jpg

この「ビブリオバトルナイトin新ひだか」ですが、バトラー経験者は僕のみではありましたが、時間オーバーという方はおらず、5分間での知的書評ゲームとして大いに盛り上がり、楽しみながらの「ビブリオバトルナイト」を無事に終了させていただきました。(^^)

今回、交流も兼ねた「ビブリオバトルナイトin新ひだか」でしたが、とても楽しかったですし、参加された方々との素敵な時間を過ごさせていただきました。(^^)

190912_1.jpg

参加された皆さん本当にありがとうございました。
★☆。.:*:・"゚★('-^v)Thanks(v^-')★。.:*:・"☆★

本日9/13(金)は店主が15時より不在となります

先日もお知らせしましたが、本日9/13(金)は11月に新ひだか町静内地区にて開催します「まちゼミin新ひだか」に向けた、参加事業所対象の「参加説明会」に、店主が実行副委員長として出席するため、店主は15時以降不在となります。

そのため、本日は店主不在の時間帯もありますので、本日ご来店を予定されている方は、電話予約で空き状況をご確認の上、ご来店いただきたく思います。

店主不在の時間帯に来店いただいても施術をお断りさせていただくことがありますので、なにとぞご了承下さい。m(_ _)m


ネット記事より『「シャンプー台で頭を持ち上げるのはNG!」美容室・居酒屋で嫌われる意外な客の行動:私、嫌われたくないんです。』

先日9/2にテレビ東京系の番組「私、嫌われたくないんです。」が放送されましたが、その内容について、テレビ東京のHPの「テレ東プラス」にて

「シャンプー台で頭を持ち上げるのはNG!」美容室・居酒屋で嫌われる意外な客の行動:私、嫌われたくないんです。

との記事がありました。

興味のある方は、上記リンク先よりご覧下さい。

始めに「美容院で嫌われる客」についてが取り上げられたようで、勝手ながら記事の一部を抜粋すると、次のように書かれています。

「シャンプー中にシャンプーを流している時、自分で首の位置を上げちゃう人」とのこと。SHELLYと木嶋は思わず「重いと思われたくないから、やる! やる!」と激しく同意。

しかし、一見気づかいのように見えるこの行動がなぜ嫌われるのか? 美容師さん曰く「お客様が頭を上げてしまうと、頭を押さえている手と首の間に隙間が生じ、首回りのフィット感が失われて首から背中に水が入ってしまう」そう。

これは意外! 今後美容室でシャンプーをしてもらう際は、「申し訳ない...」と感じることなく100%美容師さんに身を委ねよう!


これは理美容室あるあるでもあります。(^^;

190911_1.jpg

お客様にバックシャンプー時に頭を上げられると、首から背中に水が入ってしまうだけでなく、シャワーが周りに飛び散ることにもなります。

当店の場合は、バックシャンプー時に頭を自分で持ち上げる人に対しては、「そのまま頭を下ろして下さいね~」と言ってますが、それでも頭を持ち上げる人もいますが、そのまま力を入れずにシャンプー施術を受けて下さいね。(^_^)

そして嫌うという程ではないものの、「歯医者さんで嫌われる客」にもあります、「治療中にガン見してくる」というのも、施術がやり難くなります。

190911_2.jpg

これは理容室での顔剃り時ですが、ハッキリと目を見開いてガン見される方もいますが、施術する側としては目を合わせないようにしますが、目の下のウブ毛を剃る際には、目を見開いた状態では、キレイに剃ることができません。

当店では、目の下を剃る際は「申し訳ございませんが、目の下を剃りますので目を閉じて下さい…」と言いますが、それでも目を閉じない方もいますので、その際はできる範囲の施術は行いますが、できれば理容室での顔剃り時は、目を閉じていただければありがたいです。。。(^^;

9/15(日)は新冠温泉レ・コードの湯駐車場特別会場にて「第5回 牡蠣まつり」が開催されます

毎年この時期恒例となります、新冠町の新冠温泉レ・コードの湯駐車場特別会場での「第5回 牡蠣まつり」が、今週末の9/15(日)11~15時にて開催されます。



「新冠温泉レ・コードの湯」を始めとして協賛店などで前売チケットが販売中ですが、豪華景品抽選券付きでの前売チケットは数に限りがありますので、お早めにお買い求めください。

その「第5回 牡蠣まつり」ですが、会場では蒸し牡蠣や牡蠣そばの他にも、揚げタコ焼きやポテト、焼きそば、イカ焼きなども用意され、参加店からも

■ SPICE TIGER 牡蛎スープカレー
■ アポイ山荘 ジオ焼きそば
■ カフェリラッシ チョコババナクレープ
■ 印南商店 魚介焼
■ ほろしりの里 フルーツアメ・ポップコーン
■ みいやん農園 野菜販売


など、充実した内容となっています。

この他にも、ステージでの各種イベントもありますので、ぜひ予定を空けて、当日は「第5回 牡蠣まつり」を楽しんで下さい♪
プロフィール

nigishi

Author:nigishi
北海道日高管内新ひだか町静内本町にて理容室を営んでおります。

当店の営業時間や休業日や料金などは、リンク先にあります、当店のHPにて、ご確認下さい。

読み逃げもコメントも大歓迎ですが、記事に関係の無いサイト宣伝や商品宣伝などのコメントは勝手ながら削除させていただきますので、ご了承願います。

どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北海道
10位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR