fc2ブログ

夏の強い日差し(紫外線)は、肌だけでなく髪の毛や頭皮にもダメージを受けます!

夏といえば、強い日差しが降り注ぐ季節でもありますが、特に女性だとお肌の紫外線対策はしっかりと行う人は多いでしょうが、男女共に、髪の毛や頭皮への紫外線対策をしている人は少ないのではないでしょうか?

そこで、夏の強い日差し(紫外線)が、毛髪や頭皮に与える影響について書いてみます。

まず、ちょっと専門的な話から書きますが、髪の毛の主成分は「ケラチンタンパク質」という線維性の硬タンパク質で出来ています。

ケラチンタンパク質は、複数のアミノ酸が結合して出来ており、中でも、イオウを含む「シスチン結合」という丈夫なアミノ酸を多く含むことが、髪の強さやしなやかさにつながっています。

ところが、紫外線を浴びることで発生する活性酸素は、このシスチン結合を分解してしまいます。

そして、髪の毛の一番外側は、透明で硬い細胞がウロコ状に重なって出来た「キューティクル」があり、髪を保護するバリアとして機能しています。

しかし、紫外線を浴びることで、このキューティクルが剥がれやすくなり、キューティクルが剥がれることで、髪内部の水分が失われ、このことが枝毛、切れ毛、髪のパサつきとなります。

続いて、今度は頭皮への影響ですが、髪の毛は、頭皮の中に埋もれた髪の深部にある「毛球」という部分で作られていて、ここにある「毛母細胞」が細胞分裂を繰り返して、細胞を押し上げることで、髪が伸びていきます。

このため、紫外線のダメージによって毛母細胞の働きが低下すると、抜け毛や薄毛に繋がります。

また、髪の毛の頭皮の中に埋もれた部分を「毛根」といい、ここには、髪に色をつける「色素細胞」がありますが、紫外線によって、色素細胞がダメージを受けると、これが白髪の原因にもなってしまいます。

それでは髪の毛や頭皮に対しての紫外線対策はどうすればいいのか?というところですが、日焼け止めには、髪の毛専用のスプレーなどもありますし、UVカット効果がある洗い流さないトリートメントもあります。

また、紫外線が髪に直接当たらないように、帽子や日傘を利用することも大切です。

このように、夏の日差しは紫外線が強くなっていますから、特に紫外線対策が肌だけでなく、髪の毛や頭皮にも必要になってきますので、夏の日光の強い時の外出時には、髪の毛や頭皮へのダメージを強く受けやすいですから、ご注意下さい。


スポンサーサイト



プロフィール

nigishi

Author:nigishi
北海道日高管内新ひだか町静内本町にて理容室を営んでおります。

当店の営業時間や休業日や料金などは、リンク先にあります、当店のHPにて、ご確認下さい。

読み逃げもコメントも大歓迎ですが、記事に関係の無いサイト宣伝や商品宣伝などのコメントは勝手ながら削除させていただきますので、ご了承願います。

どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
88位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北海道
12位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR