fc2ブログ

ネット記事より『初めて接客するお客様だからこそ「絶対やってはいけない」こと』

先日、MAG2NEWSにて

初めて接客するお客様だからこそ「絶対やってはいけない」こと

との記事がありました。

興味のある方は、上記リンク先よりご覧下さい。

勝手ながら記事の一部を抜粋すると、次のように書かれています。

いつも通っている美容室で、今日はたまたまいつもと違うスタッフさんが担当。

最初はぎこちない挨拶だったのに、急に自分のプライベートなことまで知っている会話をしてきたら……ちょっとドン引きしますよね?

いま常連である自分の情報が何かで共有されたんだなと…。


記事にも書かれていますが、美容室や理容室では、顧客カルテを書いて、お客様情報を共有しているお店も多いです。

ちなみに当店は、この顧客カルテをあえて書いておりませんが、複数の従業員のいる理美容室だと、担当者がその時によって代わる場合もありますから、顧客カルテでお客様の情報を共有します。

この顧客カルテも、ヘアスタイルについてや施術に関することだけを書いているならいいでしょうが、お客様との会話から、いわゆる個人情報ともいえる趣味についてなどを書いているケースも多いとも思います。

記事では次のようにも書かれています。

例えば、美容室などで起きやすいパターンです。

何度か通っているお店で、初めて担当してもらう人にあたりました。

最初はどうやらこちらのことを知らない様子でしたが、シャンプーなどで少し時間が空いてから話し出すと、さも以前から知っていたかのように話してくるのです。

どうやら時間が空いたスキに、顧客ノートを見て何度も通っている客だとわかったのでしょう。

このパターン、よくある話なのですが、お客様は自分のことを知らなかったはずだとすぐにわかります。

ついさっきまでと対応が急激に変わるので、とても違和感を感じてしまうんですね。

私も同じような思いを何度もしてきました。

こういう違和感のある使い方をしてしまうと、お客様はなんとなく気持ち悪さを感じます。

自分の情報が筒抜けになっていると感じて、以前に話した会話なども漏れているんじゃないかと不安に感じたりもするわけです。


これって、自分の身として考えると、初めて接する人が、さも以前から知っていたかのように話してくるのは、気持ちが悪いですし、違和感を強烈に覚えます。

そのことによって、お客様が嫌な思いをすれば、次からは他店に行く場合もあるでしょう。

当店は、複数の従業員がいる理容室ではなく、親子での理容室でもありますから、顧客カルテを書かなくとも、お客様のヘアスタイルなどについては、書かずに覚えることとして、あえてお客様の個人情報を収集するということはしておりません。

なので、常連のお客様でも、どのような仕事をされているのか分からない人もいますが、個人情報を知らせたくない人も多いでしょうし、会話の中から自然と趣味などを聞く場合もありますが、理容椅子に座って、すぐに目を瞑る方だと、会話もできるだけしたくないという人もいますから、確認のために声をかけさせてもらいますが、それ以外の会話は極力控える場合もあります。

当店はこのようなスタイルでやっていることもあり、あえて顧客カルテは書かずに、臨機応変の対応ができるよう心がけております。

記事では、はじめて担当する常連客への正しい対応が書かれていますが、特に接客業をしている人は、注意したい接客対応ですね。
スポンサーサイト



プロフィール

nigishi

Author:nigishi
北海道日高管内新ひだか町静内本町にて理容室を営んでおります。

当店の営業時間や休業日や料金などは、リンク先にあります、当店のHPにて、ご確認下さい。

読み逃げもコメントも大歓迎ですが、記事に関係の無いサイト宣伝や商品宣伝などのコメントは勝手ながら削除させていただきますので、ご了承願います。

どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北海道
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR