fc2ブログ

地域の個人店の「自店に合うお客様」の見つけ方を、町の電器屋さんのブログから学ぶ

以前に当ブログで

町の電器屋さんのブログから教えられること。

として、

町の電器屋さんの小さな販促実践委員会

という町の電器屋さんの販促実戦アドバイザーのブログを紹介させていただきました。

町の理容室と町の電器屋さんは業種は違いますが、業界の背景が似ていることもあり、この「町の電器屋さんの小さな販促実践委員会」さんのブログは毎日更新されていることもあって、僕も毎日巡回させていただくブログの一つとして「お気に入り」登録をさせてもらってます。

その「町の電器屋さんの小さな販促実践委員会」で、ちょっと考えさせられたのは、先日

自店のためのコミュニケーションか、お客様のためのコミュニケーションか

というブログ記事には、地域の個人店として今後どのようなお店作りが大切なのかを改めて考えされられました。

記事では、「でんきやさん向け勉強会」でのスライド資料が載っていましたが、これを見て“ハッ!”と思う、個人店の方は多いはず。

o0602045014112252820.jpg

つまり、これからは「利便性重視」か「お客様との“つながり”重視」かと、店舗の役割の2極化についてが書かれていて、おそらく将来はこの取り組みこそが、個人店の大切な要素になってくると思います。

利便性重視ということであれば、大型店の方が品数も揃っているでしょうし、今はネットでも簡単に商品を入手することは可能です。

当店は物を販売する商売ではありませんが、物販の商売をされていれば、個人店では大手には資本で敵いませんし、価格も大量仕入れはできませんから、ネットの最安値や大手よりも安く販売することはできません。

だからこそ個人店は「お客様との“つながり”重視」がこれからは大事になりますが、ただし、そのコミュニケーションは、自店の売り上げ目的なのか(自分目的)、それともお客様のためなのか(お客様目的)かによって、その「つながり」が長く続くか続かないかということにもなるでしょう。

勿論、売り上げがなければ商売として続けられませんし、自店の売り上げも大事ですが、それ以上に、お客様とのコミュニケーションが大切で、コミュニケーションの繋がりが広がれば、自然と売り上げにも繋がります。

これが「町の電器屋さんの小さな販促実践委員会」のブログ記事タイトルの「自店のためのコミュニケーションか、お客様のためのコミュニケーションか」ということですが、売り上げを第一に考えるよりも、まずは自店のことを知ってもらい、その自店の取り組みや行っていること、その仕事内容や、店独自のサービスを「予め分かってもらう」ことが、これから特に大事になってくるでしょうし、当店もそれらも含めて、今後も引き続き情報発信していきます!
スポンサーサイト



プロフィール

nigishi

Author:nigishi
北海道日高管内新ひだか町静内本町にて理容室を営んでおります。

当店の営業時間や休業日や料金などは、リンク先にあります、当店のHPにて、ご確認下さい。

読み逃げもコメントも大歓迎ですが、記事に関係の無いサイト宣伝や商品宣伝などのコメントは勝手ながら削除させていただきますので、ご了承願います。

どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北海道
11位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR