fc2ブログ

近所の方との井戸端会議で感じたこと。家庭で選挙についての話をする方が珍しい?

昨日は定休日でしたが(本日は通常通り営業してますよ!)、燃えるゴミの収集日で、ゴミ回収車が来るまでの間、近所の方と立ち話をしていました。

週末に衆議院選挙もあることもあって

「衆議院選挙の投票は次の日曜日に行くんですか?」

という話から、選挙についての話になったのですが、一緒に話をしていた人の30代の娘さんは、今まで一度も選挙の投票に行ったことがないのだとか。

そこで思わず

「え?家族で選挙の話ってしないんですか?」

と聞いたところ、逆に

「選挙の話って家族でするの?」

と聞かれました。

我が家は、特に支持政党はありませんが、選挙権のない子供達にも、議会制民主主義についてや、投票の大切さ、政治が生活に直接繋がっていること……などは、選挙が近くなると、食事の席や、家族で話をしている時にすることがあります。

国民投票権について、選挙権の年齢を18歳以上に引き下げられたこともあって、今は小中高校・大学等の教育機関でも、選挙管理委員会と教育機関が連携して、選挙の体験プログラムとして「選挙出前授業」も行われているようです。

ただ、国民として選挙は必ず関わることでもあるだけに、選挙の大切さは、家族内でも認識するよう、こうした話や時事問題などについても、我が家では家族内で話をしますが、こうした話をする方が珍しいんでしょうか。。。

それだけ、国民にとって選挙に対しては関心がないということなのかもしれませんが、必要性を理解していれば、おのずと関心を持つのでしょうが、忙しすぎてそこまで考える余裕がないのか、あえて関心を持たないようにしているのでしょうかね?

投票するしないは、確かに個人の自由でもありますし、強制すべきことではありませんが、今回のような衆議院選挙のある時こそ、家族で選挙についての話をするのも大切なのではないか?と感じますが、このように考える方が変なのかなぁ。。。

publicdomainq-0008042olu.jpg
スポンサーサイト



プロフィール

nigishi

Author:nigishi
北海道日高管内新ひだか町静内本町にて理容室を営んでおります。

当店の営業時間や休業日や料金などは、リンク先にあります、当店のHPにて、ご確認下さい。

読み逃げもコメントも大歓迎ですが、記事に関係の無いサイト宣伝や商品宣伝などのコメントは勝手ながら削除させていただきますので、ご了承願います。

どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北海道
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR