fc2ブログ

ネット記事より『「近所の床屋が自閉症の子どもの髪を切るとき」称賛されていた1枚の写真』

先日、らばQにて

「近所の床屋が自閉症の子どもの髪を切るとき」称賛されていた1枚の写真

との記事がありました。

興味のある方は、上記リンク先よりご覧下さい。

勝手ながら記事の冒頭の一部を抜粋すると、次のように書かれています。

子どもが人見知りだったり、じっと座っているのが苦手だったりすると、理容院や美容院を利用するのも一苦労です。

自閉症の子どもの場合は、さらに怖がったり、拒否したりするケースもあるとのこと。

「うちの床屋はこんな風に自閉症の子の髪の毛を切っている」と題された写真が、海外掲示板で人気を呼んでいました。

ユニークな散髪スタイルをご覧ください。


その画像も勝手ながら使用させていただくと、次のようなスタイルで散髪しています。

171005.jpg

子どもと一緒にフロアに寝転んでカットしている様子が伺え、海外掲示板のコメントでは称賛のコメントが多いようですが、一理容師の立場として、この画像を見た時に最初に感じたのは

「えっ、カットクロスすら付けないの?」

ということ。

自閉症の子だと、過敏な反応をする場合がありますから、カットクロスも付けさせてくれず、施術椅子にすら座ってくれないということだったのかもしれませんが、もしそうだったとしても、フロアにそのまま寝転んで施術をするというのは、衛生的にも問題がありますし、子どもの服も髪の毛が付いてしまいますから、この方法はいかがなものか?と思ってしまいます。

仮にこの状態でなければ、カットさせてくれない状態だったとしても、床にビニールシートを敷くなり、子供の服にできるだけ髪の毛が尽かないよう、カットクロスか、例えばビニール製のジャンバーを着させるなどの対処はできたはず。

当店にも、自閉症の子や知的障害の子や発達障害の子なども、来店されますが、理容椅子には何とか座ってくれます。

また、このような障害を持つ子は、ハサミの音や、クシが肌に当たることにも、過敏な反応をする場合がありますから、できるだけ刺激を与えないように対応しています。

子供が望む姿勢が対応せざるをえない場合もあるでしょうが、上記記事のようにフロアに直接寝転んでカットするということは、今まで一度もありませんし、個人的には他の対処方法をすべきではなかったのか?とも思います。

この方法でなければ散髪を受け入れないということだったのかもしれませんが、例えば学校などは寝転がって授業を受けるわけにもいきませんし、椅子に座ってもらうことに少々の困難が伴うにしても、個人のためにも最善の方法を親子と一緒に考えて、対応していくべきだと思いますが。。。
スポンサーサイト



プロフィール

nigishi

Author:nigishi
北海道日高管内新ひだか町静内本町にて理容室を営んでおります。

当店の営業時間や休業日や料金などは、リンク先にあります、当店のHPにて、ご確認下さい。

読み逃げもコメントも大歓迎ですが、記事に関係の無いサイト宣伝や商品宣伝などのコメントは勝手ながら削除させていただきますので、ご了承願います。

どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北海道
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR