fc2ブログ

「日高の公共交通を考えるシンポジウム」への参加、改めてJR日高線の存続問題を考える

昨晩は、新冠町町民センターで行われた「日高の公共交通を考えるシンポジウム」へ参加してきました。

170302_175744.jpg

当日、予約も入りましたが、翌日と2日後に変更していただき、お客様にもご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。m(_ _)m

ちなみに、本日と明日はいずれも17時以降は予約で埋まっております。

両日共に日中はまだ予約の余裕がありますが、夕方以降は予約で埋まっておりますので、ご了承下さい。

その「日高の公共交通を考えるシンポジウム」ですが、18時から始まり、終了したのは20時半前でしたが、充実したシンポジウムの内容でもありました。

また、北海道新聞や日高報知新聞、その他にも道内各局のテレビカメラも入り、他にも報道機関が来ていて、会場の参加者は約300名近かったとも思いますが、北海道大学公共政策大学院教授の石井先生の基調講演、その後に利用者やJR北海道副社長、道議会議員らによるパネルディスカッションが行われましたが、石井先生の基調講演の資料も、28ページにわたる資料で、図なども分かりやすく、北海道の交通事情、JRの経営内容についてなど、資料の充実さが目に付きました。

170302_1.jpg

170302_2.jpg

また、JR北海道副社長も参加し、同じくJR北海道としての資料として、日高線の開業経緯、日高線の収支状況、被災状況など、図で分かりやすくまとめられていました。

そのJR北海道副社長の話を聞く限りでは、JR北海道は地元住民の声や意見を聞き、真摯に受け止めたいという姿勢は感じられましたし、日高線の復旧断念に至った背景事情についても、しっかりと説明されていました。

このシンポジウムは、鉄路存続ありき、パス転換ありきというものではなく、あくまでも「日高の公共交通を考えるシンポジウム」でもありますから、公共交通のあり方についても、パネルディスカッションでのパネラーからは様々な意見が出ていました。

ただ、残念というよりも、ハッキリいって失望したのは、日高線沿線の7町長は誰も出席していません。

それぞれの自治体の町議は参加されていたにも関わらず、町長が誰も参加していないということに、藤沢道議も残念という言葉を口に出されていましたが、自治体の町長として、公務に忙しいというのかもしれませんが、それぞれの自治体の公共交通のあり方について考えるというシンポジウムで、マスコミ各社も来ているのに、誰も出席せずに、全員欠席というのは、あまりにも無責任すぎます。(怒)

よくこれで、DMV導入を要望するものだと、呆れる他ありません。

話を戻しますが、シンボジウムとしては基調講演も考えさせられる内容でしたし、パネルディスカッションも様々な意見が聞かれ、シンポジウムとしては良かったとは思います。

時間の関係上、参加者が意見を述べる機会が少なかったことは、残念ではありましたが、主催した「日高の公共交通を考える有志の会」で、多くの人を集め、シンポジウムを開催したことは、町民にも考える機会ともなりましたし、有意義なシンポジウムであっただけに、これで終わらせることなく、引き続きこのような場を設けて、町民の声を汲み上げてくれることを望みます。
スポンサーサイト



プロフィール

nigishi

Author:nigishi
北海道日高管内新ひだか町静内本町にて理容室を営んでおります。

当店の営業時間や休業日や料金などは、リンク先にあります、当店のHPにて、ご確認下さい。

読み逃げもコメントも大歓迎ですが、記事に関係の無いサイト宣伝や商品宣伝などのコメントは勝手ながら削除させていただきますので、ご了承願います。

どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
105位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北海道
16位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR