fc2ブログ

あれもやります、これもやりますという多様化メニューはマイナスになるのでは?

先月、当ブログで

理容総研のカット専門店対策の提言書「多様化メニュー」について個人的に感じたこと

との記事を書きました。

上記のブログ記事では、全理連(全国理容生活衛生同業組合連合会)が発行する機関紙「理楽TIMES」 に書かれていた理容室での「多様化メニュー」について、個人的に感じたことを書かせていただきましたが、ありがたいことに嬉しいコメントもいただきました。

その「多様化メニュー」について、更に思ったことを上記ブログ記事の続きとして、書きますが、僕が思うに「多様化メニュー」というのは、大型店やチェーン店などだと、一時的に非常に有効的な効果はあると思います。

消費者の目先をかえて、新たな提案をするというのは、その店に多くの消費者が集まる大型店だと、イベント的効果もあるでしょうし、毎週のように折込チラシを入れるような大型店であれば、客呼びの効果もあるでしょう。

しかし、これが少人数の個人店で同じことをしても、絶対に大型店には適いませんし、店舗の使い勝手の良さや、幅広い仕事内容を元々取り扱っているところのような店のように、うまくいくはずもありません。

逆に目先の新しさばかりを個人店が追っては、逆に大型店と比べられることにもなり、その結果、顧客離れが進むことにも繋がるでしょう。

個人店は「あれもやります、これもやります」ではなく、既存の常連客に対しての信頼関係を強固にすることこそが大事で、むしろ常連客から「××さんだからこそ、ちょっと聞いてみよう」や「××さんだからこそ、ヘアスタイルについて相談してみよう」という関係を作ることこそ、個人店にとっては大事なことではないかとも思います。

あくまでも、お客様あっての仕事でもありますから、相談をされて、その内容に応えるために、メニューに少し付け加える……ということであれば、お客様を喜ばすことにも繋がりますが、個人店での多様化メニューありきは、必要としていない顧客への押し付けになりがちです。

お客様から相談や問い合わせを受けて、そこから取り組むというのがベターとも思いますし、相談される立場でありたいものですね。。。
スポンサーサイト



プロフィール

nigishi

Author:nigishi
北海道日高管内新ひだか町静内本町にて理容室を営んでおります。

当店の営業時間や休業日や料金などは、リンク先にあります、当店のHPにて、ご確認下さい。

読み逃げもコメントも大歓迎ですが、記事に関係の無いサイト宣伝や商品宣伝などのコメントは勝手ながら削除させていただきますので、ご了承願います。

どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北海道
11位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR