fc2ブログ

ネット記事より『酸化染毛剤で理美容師にリスク回避求める 事故調』

昨日、理美容ニュースにて

酸化染毛剤で理美容師にリスク回避求める 事故調

との記事がありました。

記事の一部を勝手ながら抜粋しますと

ヘアカラーリングによるアレルギー皮膚炎の発症が続いていることから、事故調(消費者安全調査委員会、消費者庁)は毛染めによる皮膚障害の調査を踏まえ、2015年10月23日、厚生労働大臣らに意見書を提出した。

意見書では、染毛剤として広く使われている酸化染毛剤はアレルギー性接触皮膚炎になりやすいとし、そのリスクを社会全体で共有することが重要であるとしたうえで、理美容師への周知徹底を求めている。

その内容は
理美容師に対し、以下を継続的に周知することを求めている。
・理美容師は酸化染毛剤、アレルギー、対応策を確実に身に付けること
・理美容師は施術に際し、
1)コミュニケーションを通じてアレルギーの特性などを顧客に情報提供する
2)施術前に、過去の施術での異常の有無や、健康状態を確認する
3)酸化染毛剤の使用に適さない顧客に対し、酸化染毛剤以外の代替案を提案し、酸化染毛剤の使用を回避する

また厚生労働省に対し、消費者が実施しやすいセルフテスト(パッチテスト)の方法の導入の可能性を検討することも求めている。


とあります。

先日、当ブログにて

ネット記事より『ヘアカラーでかぶれ警告を』

を書きましたが、ホームカラーによるトラブルが急増していることから、消費者庁の消費者安全調査委員会が調査を踏まえて、厚労相らに意見書を提出したとのことですから、おそらく理容組合や美容組合への通達もあるでしょうし、我々理美容師に対しても、周知徹底を呼びかけるパンフレットなどが出るようにも思います。

上記記事にも書かれている、理美容師に対しての、顧客に対しての確認作業や情報提供は、多くの理美容師はすでに行っている人も多いでしょうし、当店でも、ヘアカラーや白髪染めを初めてされる方に対しては、頭皮や頭髪状況の確認を含めて、適切なる対応をしております。

また、セルフテスト(パッチテスト)の方法についてですが、これはホームカラーでも、取扱説明書にはしっかりと記載されていますから、厚労省も導入の可能性の検討などという言葉遣いをするのではなく、消費者に対して、薬剤を使っているのであるから、ホームカラーのリスクもしっかりと消費者に対して、分かりやすい表記を徹底してほしいです。

そして、理容師の立場からの意見でもありますが、ホームカラーによるトラブルが急増していることもありますから、ヘアカラーや白髪染めは、専門の美容室や理容室で行うことを推奨し、ホームカラーは補助的役割として利用するよう勧めるなど、消費者に対してリスク回避を促すようなピーアールをしてほしいですね。
スポンサーサイト



プロフィール

nigishi

Author:nigishi
北海道日高管内新ひだか町静内本町にて理容室を営んでおります。

当店の営業時間や休業日や料金などは、リンク先にあります、当店のHPにて、ご確認下さい。

読み逃げもコメントも大歓迎ですが、記事に関係の無いサイト宣伝や商品宣伝などのコメントは勝手ながら削除させていただきますので、ご了承願います。

どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北海道
10位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR