fc2ブログ

安保法案、集団的自衛権などについてのお客様との会話から、久しぶりに映画「亡国のイージス」を見ました。

今日は、ちょっと仕事の話はおいて、安保法改正案についてを少々。

お客様との会話では、政治についても話をする機会がありますが、なぜか当店には、安保法案反対という人はおらず(いるのかもしれませんが、反対の方からの話がでません)、国防に関して、真剣に考えている人からは、安保法改正案については、概ね賛成という意見が多いです。

勿論、解釈の仕方や考え方は、人それぞれでもありますから、賛成の人がいても、反対の人がいるのも当然ですし、議論の中で、じっくりと考慮していくことが大切だと思います。

今回の安保法案については、憲法解釈で通すのか、憲法改正で通すのかという法案目的の違いもありますし、外交や安全保障の問題は、決して他人事や対岸の火事ではなく、国民一人一人が真剣に考えるべき問題です。

ですから、政府もできるだけ真摯に国民に対して説明するべきでもありますし、野党も批判をするのに論点を逸らすのではなく、議論をし合って、安全保障の問題についてを建設的に議論していく姿勢が大事です。

その安保法案について、フト思い出したのが、小説としても読み、映画も見ましたが、「亡国のイージス」という作品があります。



作品を読んだり見たりした人は内容が分かっているでしょうが、簡単に内容を説明しますと、最新鋭の設備を搭載した護衛艦「いそかぜ」が、化学兵器を携えた北朝鮮の工作員に海上で乗っ取られてしまいます。

しかも、その工作員によって、日本政府に対してのクーデターが発生します。

東京湾の奥深くに侵入して世界を混沌に陥れるような特殊兵器を使った攻撃要求を突き付ける工作員に対し、自衛隊の特殊部隊の所属兵や艦で一番の古参兵、それに政府高官の面々が、それぞれの立場から状況の打開を目指して様々な作戦を試みる……という作品。

この作品では、防衛に対して真剣に考えることを回避してきた、この国の無責任に直結する無関心を激しく非難しており、緊迫した展開など作品としての見応えはありますが、国防ということに対しての問題点が随所に描かれます。

中でも印象的な小説の一節に、次のような言葉があります。

憲法が言うように戦争が放棄できるものなら、地球はとっくの昔にパラダイスになってる。

できないから世界は悶え苦しんでいるんだ。

戦争はしません、武力は持ちませんって唱えていれば、自分たちは永遠に安全だと思ってる。

その痴呆者の傲慢が、我々を非公開の闇に押し込め、自衛隊そのものも役立たずの張り子の虎にしてるんだ……!


この他にも、工作員の言葉で

守るべき国の形も見えず、いまだ共通した歴史認識さえ持ちえず、責任回避の論法だけが人を動かす。

国家としての顔を持たない国にあって、国防の盾とは笑止。

われらは亡国の盾(イージス)。偽りの平和に侵された民に、真実を告げる者。


との言葉がありますが、集団的自衛権の問題もクローズアップしていますが、国防問題を真剣に考え、決して日本だけの問題ではなく、世界の現実問題とも合わせて、考えての議論が進んでほしいと思います。

そして、強引に賛成や反対の意見を押し通そうとするのは、

身勝手なエゴ

でもありますから、人はそれぞれ顔も違うように、違う考えがあるのも当たり前なのだから、違う考えや意見であっても、相手の意見を真摯に聞くという姿勢が何より大切です。

この姿勢が足りないからこそ、議論が建設的に進まないことにもなりますし、どのような問題にも当てはまりますが、様々な意見を聞く姿勢も大事であり、その中で、民主主義に基づいて問題解決に向けて進めていくべきでもあります。

話を戻しますが、久しぶりに「亡国のイージス」を見ましたが、作品として面白かったのは勿論ですが、国防についても改めて考えさせられる機会にもなりましたから、この作品、オススメします。。。
スポンサーサイト



プロフィール

nigishi

Author:nigishi
北海道日高管内新ひだか町静内本町にて理容室を営んでおります。

当店の営業時間や休業日や料金などは、リンク先にあります、当店のHPにて、ご確認下さい。

読み逃げもコメントも大歓迎ですが、記事に関係の無いサイト宣伝や商品宣伝などのコメントは勝手ながら削除させていただきますので、ご了承願います。

どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北海道
11位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR