fc2ブログ

市販のヘアカラー(白髪染め)と理美容室でのヘアカラー(白髪染め)の大きな違い


今日は、市販のヘアカラー(白髪染め)と、理美容室でのヘアカラー(白髪染め)の違いについて書いていきます。

理美容師では、この違いは当たり前のように知ってはいるものの、一般の人では、この違いが分からないという人もいるように思いますので、決定的な違いを、できるだけ分かりやすくまとめてみたいと思います。

最近は、市販のヘアカラーも、各メーカーで大きく宣伝したり、またドラッグストアなどで安く販売もされており、手軽さもあって使用している人も多いとも思います。

当店に来店されるお客様でも、自分で市販のヘアカラーで白髪染めをしたり、好みのカラーにしたりしている人がいらっしゃいます。

当店は理容室ですから、圧倒的に男性客が多いですし、市販のヘアカラーで染めている人でも、ショートヘアーの方が多いですから、毛先が相当痛んでいるという人は少ないですが、ロングヘアーにしている人では、毛先がボロボロに痛んでいるケースもあります。

まず、市販品と理美容室でのカラー剤に決定的な違いの一つに

2剤が全く違います

この2剤についてですが、まずヘアカラーの場合は、市販品も我々サロン専用の物も同じですが、1剤は専用の色の染料剤。

そして、2剤というのは、その色を髪の毛に浸透させる酸化剤のこと。

この2剤が、市販品と理美容室の2剤が全く違うのです。

どういうことかと言いますと、市販品のヘアカラーは、とにかく簡単に染めることが大前提で作られていますから、この2剤が、とにかく一番強い薬剤となっており、種類も1つしかありません。

理美容室では、髪の毛の状態、そして、毛先はまだ染まっているような既染毛の状態などを見極めてのリタッチ(新しく生えてきて染まっていない部分)など、状況判断をして、複数の2剤の使い分けをしています。

つまり、市販品は、同じ薬でトーンアップするため、必要以上に

髪を傷めてしまう

ということ。

市販品の場合は、根元より、何度も繰り返しカラーしているはずですから、髪全体を細かく見たとき、全ての毛が同じ状態ということは全くありえませんし、ダメージが強い毛も、健康な毛も、いわば最強レベルの2剤で染めてしまうのが、市販品の最大のデメリットでもあります。

理美容室では、この2剤を、お客様の髪の状態に合わせてコントロールして、薬剤レベルを弱くしたりと、薬剤の使い分けをしていますから、薬剤のおける髪の毛のダメージが全く違います。

根元部分は色を強く入れるため強めのカラー剤、すでに染まっている部分の毛先は、弱めのカラー剤でも染まるので、2剤のコントロールにより、ダメージを最低限にし、ムラも少なく仕上がります。

そして、同じく市販品と理美容室でのカラー剤に決定的な違いの2つ目が

頭皮のダメージ

市販品でも理美容サロンでも同じですが、カラー剤の多くは、化学物質で作られていますから、体に無害なハズはありません。

しかも、その薬剤を直接頭皮に付けるものですから、使用後は特に注意が必要です。

理美容室では、染めた後に必ず、乳化(薬を頭皮から浮き上がらせる)をします。

この乳化は、薬を頭皮から浮き上がらせる作業のことですが、この作業をすることで頭皮のダメージを減らし、頭皮に残った薬を、しっかりと確実に洗い流すようにしていますが、この乳化を市販品を使って一人で行うことは、ほぼ不可能。

おそらく殆どの市販品のへアカラーを使っている人は、説明書に書かれている時間が来たら、そのまま洗い流すだけの作業しかしないと思いますが、これでは、カラー剤がしっかりと洗い流れず、どうしてもカラー剤が頭皮に残りがちになります。

理美容室では、しっりと乳化作業をし、頭皮に薬が残らないように、サロン専用のシャンプーで洗い流していますから、薬剤は勿論のこと、カラー後のケアも、理美容室では全く違います。

市販品に比べると、どうしてもお金の掛かるサロンカラーではありますが、髪の毛のトータルバランスを考えれば、ヘアカラーは理美容室で行うことをオススメします。




ここで、最近CMなどでも大々的に宣伝している「泡カラー」について。

この「泡カラー」ですが、「根元までしっかり染まる」ことも宣伝していますが、泡状にすることで、しっかりと染まりを良くするように作られていて、非常に多くの界面活性剤を使用していることから、髪への吸着を良くしているのですが、これが逆にオススメできないヘアカラーでもあります。

なぜかというと、多くの界面活性剤が使用されていることで、頭皮への負担は非常に多く、メーカー名まではあえて書きませんが、成分を細かく見ると、発ガン性の疑いのある成分も含まれています。

また、水酸化ナトリウム水溶液という、強いアルカリ物質が含まれている物が非常に多く、この水酸化ナトリウム水溶液は、配水管のクリーナーなどにも使われている、非常に

危険な物質

でもありますし、簡単に染められるでしょうが、その分リスクが伴いますから、使用するならば注意が必要です。

決して不安を煽るわけではありませんが、

リスクは? 女性にとって日常の一部、ヘアカラー&ネイルで起こる健康被害

という記事もありますので、カラーリングが日常化している人は市販品のリスクということも踏まえてほしいとも思います。
スポンサーサイト



プロフィール

nigishi

Author:nigishi
北海道日高管内新ひだか町静内本町にて理容室を営んでおります。

当店の営業時間や休業日や料金などは、リンク先にあります、当店のHPにて、ご確認下さい。

読み逃げもコメントも大歓迎ですが、記事に関係の無いサイト宣伝や商品宣伝などのコメントは勝手ながら削除させていただきますので、ご了承願います。

どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北海道
10位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR