ネット記事より『ヘアーサロンでカット料金5万4千円はアリなのか?』

昨日、シェアーズカフェオンラインにて

ヘアーサロンでカット料金5万4千円はアリなのか?

との記事がありました。

興味のある方は、上記リンク先よりご覧下さい。

勝手ながら記事の一部を抜粋すると、冒頭には次のように書かれています。

先日あるスタイリストが発表した内容が、美容業関係者等の間で大いに注目を浴びた。

都内でおそらく最も流行に敏感でお洒落な人が集まる街、表参道に店を構えるヘアーサロンLily代表の柳本剛氏が、その人だ。

「くせ毛・縮毛矯正の匠」(同サロンWebサイトより)と称されるそのカリスマ美容師が新たに設定した新料金が、衝撃だった。

カット料金5万4千円。

これは、都内の平均的なヘアーサロンの平均的なスタイリスト(美容師)によるカット料金の5~10倍、あるいはそれ以上の金額だろう。

同じ表参道にある筆者が通うヘアーサロンなら、カット料金は7千円だ。

5万4千円というのは、おそらく多くの人にとって、想像の範囲を超えた価格設定ではないだろうか。


金額だけを見ると驚く人もいるでしょうし、この料金設定には様々な意見もあるでしょう。

ただし、金額だけが目に付きますが、施術やサービス内容について詳細に書かれていませんが、その内容により、顧客が満足できる料金価値ならば、カット料金が5万4千円であろうと「アリ」だろうし、それだけの満足価値があり、料金が妥当かどうかは、その施術を体験した消費者が判断すべきこと。

モノや技術には、適正価格はありますが、料金を問題視するのではなく、その内容こそが問われるべきこととも思います。

記事の最後には

カット5万4千円という価格設定は、主要な顧客ターゲットを、これまでの上位マス層を含んだ比較的大きなグループから、富裕層のみに絞り込むことに主眼を置いたものであろう。

対象顧客を富裕層に明確化することで、マス層や上位マス層を顧客ターゲットとする他のヘアーサロンとの競合からの離脱を図っているわけだ。

そして、その上で、ななつ星がななつ星にしかできない体験を提供することで高額料金を可能としたように、高額料金を課すヘアーサロンも、そこでしか得られない体験を提供できて初めて、持続可能なビジネスへと昇華させることができるのだろう。


とありますが、他店との区別化を図るということでもあるでしょうが、その料金が顧客満足度にどのように繋がり、そして経営的に成り立つのかというのは、経営者に問われることでもありますが、上記記事でのカット5万4千円の取り組みというのは、個人的には絶対できないことではありますが、取り組む姿勢は大いに評価ができますし、ぜひ頑張ってほしいとも思います。
スポンサーサイト

ネット記事より『パーマやカラーをかけ過ぎると抜け毛が増えるって本当?』

先日、Infoseekニュースにて

パーマやカラーをかけ過ぎると抜け毛が増えるって本当?

との記事がありました。

興味のある方は、上記リンク先よりご覧下さい。

記事では、パーマ液やカラーリング剤の成分と髪や頭皮に与える影響についてが、分かりやすく解説されています。

勝手ながら、記事の一部を抜粋すると次のように書かれています。


繰り返しパーマやカラーリングを行うと、徐々に髪や頭皮がアルカリ性へと傾きキューティクルは開き、本来の役割である内部の細胞を守れず、タンパク質などを流出させてしまいます。

髪は強度、水分量、ツヤ、コシ、柔軟性が低下しパサパサとした傷んだ状態になり、毛が細く弱くなり、枝毛や切れ毛が増え薄毛の原因になります。

また、これらの薬剤は、髪だけでなく頭皮にも影響を与えます。

パーマやカラーリング中に頭皮がピリピリするのは、これらの薬剤が頭皮に刺激を与え炎症し接触性皮膚炎を起こしているからです。

程度によっては、頭皮へのダメージにて抜け毛の増加につながる場合もあります。


(中略)

仮にパーマやカラーリングを行うのであれば、可能な限りきめ細やかなケアを心がけましょう。

以下に注意すべき点をまとめました。

自宅でカラーリングを行う場合、頭皮に直接多くの薬剤が触れダメージを与えることも。

自分でカラーリングするのではなく、ヘアサロンなどで行う。


パーマやヘアカラーは、髪の毛と頭皮にはダメージを与えます。

我々は、そのダメージをできるだけ考慮した対応を行いますし、パーマやヘアカラーでも、標準毛とダメージヘアーでの対応は違います。

特にヘアカラーの場合は、薬剤の調合やリタッチなど、プロならではの施術を行いますが、手軽だからと安易に考えてホームカラーで自分でヘアカラーをする場合とでは、髪の毛と頭皮へのダメージも違ってきます。

記事に話を戻しますが、パーマにしてもヘアカラーにしても、過度の繰り返しを行うのは、抜け毛や薄毛にも繋がります。

そして、パーマやヘアカラーなどの薬剤も、髪や頭皮に負担をかけますから、ヘアカラーなどは、正しい知識を学んでいる専門の理美容師にやってもらうことがベストです。

ネット記事より『“コミュ障気味”な客が増加。「アーバンリサーチ」の“声かけ不要”を美容師はどう考える?』

先日、週プレNEWSにて

“コミュ障気味”な客が増加。「アーバンリサーチ」の“声かけ不要”を美容師はどう考える?

との記事がありました。

興味のある方は、上記リンク先よりご覧下さい。

記事に書かれている、「アーバンリサーチ」の「声かけ不要」というのは、アパレルショップの「アーバンリサーチ」が“声かけ不要バッグ”を導入し、支持する声が集まりました。

記事では、コミュ障の客が増えている中、美容師の声が取り上げられていますので、その一部を勝手ながら抜粋すると、次のように書かれています。

Aさん(美容師 男・33歳) 美容業界でも人気の美容師は、ガンガン話しかけるタイプが多い。

こんな時代でも積極的な接客をする人のほうが、確実に数字を残します。

あと美容室って静かすぎると、お客さんに活気がない店だと思われてしまいます。だからこっちも適度な話し声をキープする必要があります。

―つまり美容室でもある程度声かけをしないと、売り上げが落ちてくると?

Aさん そうですね。

ただお客さんの価値観もさまざまなので、話題には気を使う必要があります。

そうなると天気の話など当たり障りのない会話になりますが、便利なのが“旬な芸能ニュース”。

例えば「にゃんこスターのふたり、付き合っているらしいですね」とか、出たすぐのタイミングでぶつけると、たいてい「マジですか?」と食いついてくれる。

それに備えて常にレジ横のパソコンで、ヤフーニュースはチェックしています。


人によって接客対応は様々でもあるでしょうし、担当者によっても違いはあるでしょう。

僕個人の場合だと、お客様が話好きであれば、お客様の話に乗って、話をしますが、あくまでもお客様の対応を見て、目を閉じたり、会話が続かないお客様であれば、積極的には話をしませんし、話の内容も人によって興味も全く違いますから、少ない会話の中から、お客様の望む会話内容を探っていく……という感じでしょうか。。。

常連のお客様だと、ある程度の好みは分かりますから、好みに合わせた会話を心がけますが、自分の一方的な会話をガンガンするようだと、それを好む人もいる一方で、嫌な思いをする人もいるでしょうから、一方的になりすぎないことが肝心です。

ちなみに当店は「アーバンリサーチ」の「声かけ不要バッグ」を持ってこなくても、自然に目を瞑っていただければ、余計な会話はしないようにしていますので、会話が不要であれば、そっと目を瞑って下さい。。。

ネット記事より『行きつけの店、知ったきっかけは? 1位「紹介」3位「チラシ」2位は意外なアレ!』

先日、J-CASTニュースにて

行きつけの店、知ったきっかけは? 1位「紹介」3位「チラシ」2位は意外なアレ!

との記事がありました。

興味のある方は、上記リンク先よりご覧下さい。

記事は、調査&マーケティングプロデュースを行うセルウェル(東京都港区)が、20代以上の男女1000人とグルメサイト「ぐるなび」に加盟している個人飲食店のオーナー100人にアンケート調査を行った結果についてがまとめられたものですが、近所の飲食店の利用経験がある回答者に、店を知ったきっかけが書かれていますが、その店を知るきっかけの上位は次のようになっています。

1.家族や友人、知人からの紹介

2.友人、知人のSNSでの投稿

3.ダイレクトメール


記事では、消費者側と店側の意識のズレについても書かれていますが、知るきっかけの上位は、いわゆる口コミということが大切なところでもあるでしょう。

飲食店に限らず、理美容室にも当てはまることとも思いますが、消費者がお店を知るきっかけは様々でしょうが、口コミが上位ということは、店側も様々な形での情報発信が口コミに繋がることにもなります。

そして情報発信も大切ですが、普段からのお客様とのコミュニケーションも、口コミに繋がる大切な要素にもなってきますから、接客の基本がやはり大事だということでしょうね。。。

ネット記事より『シャンプーやリンスに求める機能、1位は? - 2位は「汚れの落ちやすさ」』

先日、マイナビニュースにて

シャンプーやリンスに求める機能、1位は? - 2位は「汚れの落ちやすさ」

との記事がありました。

興味のある方は、上記リンク先よりご覧下さい。

記事は「シャンプー・リンスに関する意識調査」についてのもので、

勝手ながら、記事の一部を抜粋すると、次のように書かれています。

シャンプー・リンスについて、今までとは違う銘柄を買うきっかけについて聞くと、1位は「価格が安かったから」(33.3%)、2位は「サンプル(試供品)を使って気に入ったら」(21.6%)、3位は「新製品があれば」(19.7%)だった。「テレビCMや広告を見て興味を持ったら」は12.6%で、5位にとどまっている。

シャンプー・リンスを購入する際に求める機能・効能について尋ねると、1位は「仕上がり感(サラサラ、しっとりなど)」(50.3%)だった。次いで「汚れの落ちやすさ」(33.7%)、「泡立ち」(26.0%)となっている。


とのことで、記事タイトルにもある「シャンプーやリンスに求める機能」の1位は「仕上がり感」となっています。

171023_1.jpg

ただし、この求める機能については、上記の図を見ると、人それぞれの意見が見られ、単に「仕上がり感」がいいというだけではなく、2位の「汚れの落ちやすさ」など、消費者でも多様性が見られます。

このシャンプーについても、人によっては洗髪頻度も違いますから、その人の仕事や生活習慣に合ったものを使うのがベストです。

例えば、仕事柄1日に2回以上洗髪をするという人だと、洗浄力の強いシャンプーはお勧めできませんが、逆に「週に2~3回」や「週に1回」という人だと、シャンプーに洗浄力が求める人も多いでしょうから、その人に適したシャンプー剤は何か?を考えて、アドバイスすることも大切だと思います。

記事にもありますが、シャンプー・リンスについて、今までとは違う銘柄を買うきっかけの1位は「価格が安かったから」、2位は「サンプル(試供品)を使って気に入ったら」、3位は「新製品があれば」とのことですが、消費者は、自分にどのようなシャンプーが適しているのかではなく、価格や広告宣伝に影響されて、シャンプーを買い換えるという人が多いということでもあるのでしょうね。

171023.jpg

中々、直接には理美容師には聞きにくいということもあるかもしれませんが、自分に適したシャンプーというのは、担当の理美容師に聞いてみると、よいアドバイスが得られるでしょうし、会話のきっかけにもなりますから、機会があれば担当者に尋ねてみるのもいいですよ♪
プロフィール

nigishi

Author:nigishi
北海道日高管内新ひだか町静内本町にて理容室を営んでおります。

当店の営業時間や休業日や料金などは、リンク先にあります、当店のHPにて、ご確認下さい。

読み逃げもコメントも大歓迎ですが、記事に関係の無いサイト宣伝や商品宣伝などのコメントは勝手ながら削除させていただきますので、ご了承願います。

どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
272位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北海道
23位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR