ネット記事より『理容師育成へ 高校で課外授業(愛媛県)』

先日、日テレNEWS24にて

理容師育成へ 高校で課外授業(愛媛県)

という記事を見ました。

愛媛県久万高原町の高校で、理容師の仕事を体験する課外授業が行われたとありますが、記事には

生徒たちは、現役の理容師の指導を受けながら実際に「はさみ」をにぎり、人形のモデルの髪をカットするなど理容師の仕事を体験した。

県理容組合は、今年度、10校で課外授業を企画している。


と書かれており、課外授業は、愛媛県理容生活衛生同業組合が、理容師の後継者育生対策として2009年から県内の高校で毎年開いているとのことですが、こうした取り組みはぜひとも続けてほしいものです。

地元の高校で、理容組合が課外授業を行うというのは、初めて知りましたが、後継者育生対策は勿論ですが、理容組合店での衛生管理や技術講習などの取り組みや、低料金店との違いなど、業界活性化にも繋がる活動が、全国的にも広がってほしいです。
スポンサーサイト

しっかりしてよ、ディーラー(問屋)さん

以前に当ブログでの

理美容業界の問屋(ディーラー)と流通について

の中で、北海道内でのディーラー事情などを書きました。

当店と取引している訪問されるディーラー(問屋)ですが、昨年までは毎月来ていたのですが、今年に入って、2ヶ月に1度の訪問になるといっていたのですが、2ヶ月に1度どころか、当店には3ヶ月来ていませんでした。

その間に、注文商品は電話で注文していたのですが、先月届いた商品の中に、1つの商品が不良品でもあったために、返品を申し出て、担当者が当店に来た際に、返品商品を渡すということになっていたのですが、そのディーラーが訪れず、今月初めにディーラーから請求書が届いたのですが、その返品分の商品も請求書の金額に含まれていたため、再度ディーラーに電話をすることに。

請求書で、返品分の商品も請求書の金額に含まれていたことは事務上のミスだったようで、担当者が直接伺った際に訂正しますとのことでしたが、そのディーラーの担当者が一昨日、当店に来てくれましたが、帯広市から札幌市に帰る途中で立ち寄ってくれたのだとか。

請求書は、金額を直してくれて、返品も受け取ってくれたのですが、そこで話を聞くと、2ヶ月に1度の訪問予定でしたが、4月で退職者が3人出て、営業人数が減り、そのため予定通りの訪問が出来ないのだとか。

そのため、ここ新ひだか町内の理美容室は、今月が訪問予定だったのですが、今月は訪問できず、来月も訪問できるかどうか分からないとのこと。

ここ新ひだか町も含めて、この辺りのエリアでもある日高管内の理美容室の取引額は、他のエリアよりも少ないのだろうし、北海道内は全域は相当広い範囲にもなりますから、全てを回りきるにも営業担当者が少なければ、訪問頻度も少なくなるでしょうが、これでは、ディーラー自体が更に売上を減らすことは確実でしょう。

我々、理容師は、お客様との信頼関係が何よりも大事です。

同じく、ディーラーも、取引先である理美容室との信頼関係が大事ですが、訪問予定がしっかりと出来ないということは、信用を失うことにも繋がりますし、ディーラーは1つだけではありませんから、取引先が他のディーラーに流れてしまうことにもなるでしょう。

色々な事情はあるでしょうが、取引には信用が大事ですから、ディーラーには、しっかりとしてほしいものです。。。

明日は新ひだか町の桜丘小学校の運動会

北海道内では、今週末に小学校の運動会があるところが多いようですが、ここ新ひだか町でも、明日に桜丘小学校で運動会が行われます。



昨日は、当店の常連客で、桜丘小学校に娘さんが通っているお客様が来店されました。

普段よりも早い来店だったので、話を聞いてみると、土曜日に小学校の運動会とのことで、いつもよりも1~2週間程早いサイクルでの来店でした。

新ひだか町では、今週から来月末まで、ほぼ毎週、各小学校と幼稚園・保育所で運動会が行われます。

そのため、来月末までは、特に週末に運動会へ行かれる保護者や祖父母、そして勿論、運動会に参加するお子様のお客様の来店が多くなります。

時間帯によっては、混み合う時間もあるかと思いますので、特に6月中の週末に来店を予定されている方は、電話予約をオススメします。

新ひだか町プレミアム商品券について

昨日、「新ひだか町プレミアム商品券」についての案内が、新ひだか町商工会より送られてきました。



事前予約販売についてや、取扱い事業所の一覧表も含まれているため、おそらく、新ひだか町内の全世帯に送られたものだと思います。

その、新ひだか町プレミアム商品券取扱い事業所には、当店は含まれておりません。

おそらく取扱い事業所は、新ひだか町商工会加盟店となっているものと思われます。

当店は新ひだか町商工会には加盟しておりませんが、新ひだか町商工会女性部には、うちの母が入っておりますが、商工会自体には加盟していませんので、今回のプレミアム商品券の取扱い事業所の対象外ということなのでしょうが、商工会女性部に入っていることから、対象店になると思っていましたが、対象外というのは、少々残念です。

ただ、うちと同じように、商工会には加盟していないものの、女性部に加盟しているというところもあるだろうし、新ひだか町は、商工会が発行主体となっていますから、取扱い事業所の線引きも、商工会加盟店のみということでも構いませんが、できれば事前に案内があればとは思いました。

この「新ひだか町プレミアム商品券」については、どのような内容で、どういった事業所が対象なのかは、昨日の案内が届くまで分かりませんでしたから、新ひだか町商工会のHPなどでも調べてみたのですが、この案内がなく、事前案内をある程度してほしかったとも思います。

今回のプレミアム商品券ですが、政府が平成26年度補正予算に盛り込んだ自治体向けの新交付金を活用して、全国の97%の自治体が、消費者の購入額に一定額を上乗せした分の買い物ができるプレミアム付き商品券を発行する、国主導の商品券。

6年前に景気対策の一環として実施された定額給付金とは違い、各自治体によって、プレミアム商品券の内容が異なるため、消費を刺激する効果はありますが、これが地方創生に結びつく効果があるのかというと、自治体によって内容が異なるため、すでに発売している自治体もありますが、完売したところもあれば、申し込みが低調な自治体もあったりと、地域によってすでに差が出ています。

我々のような理容室でも、プレミアム商品券が使えるから、売上が大幅にアップするというまでには至らないだろうし、お客様の現金が商品券に入れ替わるだけでしょう。

特定の事業所など、一部でプレミアム商品券の恩恵を受ける事業所はあるとは思いますが、これが地域振興の起爆剤となるかというと、そこまでの経済効果はあるだろうか?とも感じます。

このプレミアム商品券が、地域の活性化に繋がる効果が出ればとは思いますが、消費者側としては、魅力ある商品券なのだろうか?とも思いますし、プレミアム商品券を否定するわけではありませんが、今回のプレミアム商品券の財源は、消費税が8%になって増えた税収が間接的に使われています。

そのため、プレミアム商品券の財源として税金が間接的に使われるのならば、どのような効果があったのかも、徹底して事後検証もしてほしいものです。

POPの見方からの男女の視点の違い

物の見方や考え方では、男女によって様々な違いがあります。

男女で脳の使い方に違いがあるというのは有名な話でもありますが、簡単にいうと、男性は脳をシンプルに使って、女性は脳全体を使うのだとか。

男性は脳をシンプルに使うので、効率的に物事を考えるために論理的に考えようとします。

無駄なことをなくして効果を得ようとするのは、そういった脳の構造からだそうです。

それに対して女性は、考えるときに右脳左脳含め、脳全体を使います。

それが感情を司る部分も使うために、どうしても感情的な思考になってしまうというのです。

勿論、これらが全ての男女全員に当てはまるということではなく、個人差もありますし、個々それぞれに考え方でも違いがありますから、細かく分類すると、更に複雑化してしまうでしょう。

さて、タイトルにも書きました「POPの見方からの男女の視点の違い」ですが、当店のPOPから面白いというか、ある傾向が伺えます。

当店では、今は店内に下記のPOPを掲示しています。



DSCF9903.jpg

先日、当ブログでの

うす毛で地肌が見えるのが気になる方にオススメの「ヘアカバーファンデーション」

でも書きました、「ヘアカバーファンデーション」についての、説明も含めたPOPですが、この見方が男性と女性と違っています。

まず、男性ですが、当店は理容室ですから、利用客は男性客が圧倒的に多いですが、このPOPについて、商品に対しての問い合わせや質問は、特定のお客様からのみ。

殆どの男性客は、このPOPをじっくりと見ようとはしていませんし、店内には他にも幾つかPOPを掲示していますが、あまり「POPを見る」行動を取る人はいません。

一方、女性客ですが、レディースシェービングをするお客様や、子供さんと一緒に来店されるお母さんなどが来店してくれますが、女性は店内のPOPをしっかりと見ている人が多いです。

また、そのPOPについても、商品についての問い合わせや質問をされる方が多く、物の見方についての男女差というのも感じます。

以前は、当店ではPOPなどは最小限しか掲示していませんでしたが、情報としてのPOPを幾つか掲示しているのですが、そのPOPを違う物に変えた際にも、女性の方はその変化に気付く人が多いですが、男性の方は変化に気付かない(というよりも、関心がないのかも?)という人が圧倒的に多いです。

ですから、例えば、男性客にオススメしたい商品などについては、もっと違った書き方としての、POPの情報発信ということを考えさせられますし、女性客にオススメしたいサービスなどについては、情報としての文字も、割と細かく読む人が多いですから、ある程度細かな情報を入れてもいいのではないか?とも思います。

男女それぞれの視点の違いについては、更に細かく調べてみたいとも思いますし、男女だけでなく、年齢別の視点の違いなど、深く掘り下げると面白いかもしれませんね。。。

2週続けて、週末に新規のお客様が続きました。

先日に

先週末は、ブログを見て来店された新規のお客様が続きました。

を書きましたが、先週末にも新規のお客様が2名来店して下さいました。

都市部などは、新規の来店客も多いでしょうが、新規のお客様は月にすると数名は来店して下さいますが、続けて週末に、複数名の来店が続くというのは、当店ではあまりありません。

先週末の新規のお客様は、ブログを見てというわけではありませんが、そのうちの一人は、当店のお客様からの紹介で、今年の3月で定年退職されて、札幌市から、実家である新ひだか町に帰ってきたという方でした。

お客様からの紹介というのも、ありがたいことですし、再び当店に来店してくれるよう、丁寧な仕事と衛生管理を心がけていきます。

改めて、当店を利用していただき、ありがとうございます。

またのご来店を、心よりお待ちいたしております。。。♪

先日取り上げられた北海道新聞での記事が、ネット上からも見ることができます。

先日、当ブログで

新ひだか町静内商店街連合会・本町通り会での取材が、今日の北海道新聞・日高版で記事となりました

を書き、静内高校美術部に作成していただいた「新ひだか町静内商店街連合会・本町通り会」のポスターについての取材が、北海道新聞の地方版記事でもある「日高版」にて掲載されたことをお知らせしましたが、この記事が、北海道新聞のウェブ版でも掲載されております。

下記にリンク先を貼っておきましたので、興味ある方は、ご覧下さい。

商店街活性に若い力 静内高美術部員がPRポスター

地方版としての記事だっただけに、こうしてウェブ版でも掲載されているとは思いませんでしたが、昨日釧路市の知人から電話を貰い、釧路市内での北海道新聞でも載っていたとのことでした。

この静内高校美術部に作成していただいた「新ひだか町静内商店街連合会・本町通り会」のポスターですが、2ヶ月サイクルで、年内に4種類のポスターを張り替えていきます。

そのポスターの作成も僕が行いますが、お店によって印刷するサイズの大きさも違うため、作成するのも結構大変な作業になります。

次回は7月に入れ替えますが、6月に入ってからでも、空いている時間を使って、少しずつ作成に取り掛かっていきます。

スティーブン・キング原作のSF海外ドラマ『アンダー・ザ・ドーム』

DVDを見た感想は、個人ブログで書いていますが、海外ドラマなので、たまにはこちらでも。。。

中々ゆっくりと見る時間がなかったのですが、先日スティーブン・キング原作のSF海外ドラマ『アンダー・ザ・ドーム』のシーズン1を見たのですが、これが久々の海外ドラマのヒット作でした。

特に海外ドラマでもSF作品は好きなこともあって、割と多くのシリーズを見てきているのですが、個人的には『HEROES』(ヒーローズ)が最も好きな作品でもありますが、この『アンダー・ザ・ドーム』は、今後もシリーズが続いていっているので、どう展開するのかは分かりませんが、これもかなり好きな作品になりそうです。

商品のストーリーとしては、作品解説では

アメリカの田舎町、普段は何事もなく住人は暮らしている。そんな町に見えないドーム状の障壁が突然あらわれ、外部世界と遮断されてしまう。 町全体を取り囲む障壁は、透明で外界の様子は見えるものの音は聞こえず、行き来することが出来ない。上空を飛んでいたセスナでさえ障壁に激突して大破してしまう。 障壁を辿り、出入り口を探す者も現れるが、住宅、森、動物、人間でさえも寸断されている。

町に閉じ込められた住人は、自分自身が置かれている立場を受け入れようと試みるが、徐々に住人たちの不安・不満・不信の不協和音は大きくなっていく。このドーム状の障壁は、一体誰が、何の為に、どうやって・・・。政府も警察も軍も世界中を巻き込んで、人類史上前代未聞の出来事に、謎の究明と町全体の救援に乗り出してゆく。


とありますが、原作とはかなり違う展開でもあるため、原作とは別物として見られました。

とあるアメリカの小さな町が、ある日突然透明なドームに覆われ、外界からも遮断され、脱出困難なドーム内での人間関係や、ドームの真相についてがミステリアスに描かれますが、ドーム内では、殺人事件も相次ぎ、様々な個々の隠された秘密が暴かれていきます。

原作ではドームに閉じ込められるのが1週間でしたが、こちらのドラマはシーズン1だけでも、数週間が経過しており、シーズン2も終えて、今年の夏からシーズン3も放送が決まっているとのことですが、レンタル開始がされればシーズン2もぜひ見てみようと思いますが、シリーズとして今後が待ち遠しい作品です。

ちなみにシーズン1は、第1話から衝撃シーンが続きましたが、中でも



上記の場面はインパクトが強かったです。

作品を見ていない人は何のことはサッパリ分からないでしょうが、第1話を見ると、上記の画像の意味が分かりますよ。


北海道新ひだか町の当店には、九州・福岡からもお客様が来店します

北海道の苫小牧市とえりも町の、ほぼ中間に位置する、北海道日高郡新ひだか町静内で理容室をしている当店ですが、珍しいというか、ありがたいことに全国各地から、お客様が来店して下さいます。

一番遠いところでは、九州・福岡在住の人が来店して下さいます。

この他でも、愛知県名古屋市、神奈川県横浜市、東京都……からも来店してくれるお客様がいて、北海道内でも、札幌市など、遠方より来店して下さるお客様がいます。

だからといって、当店は特別凄い技術があるというわけではありませんし、至って普通の理容室です。

それでは、なぜ本州からわざわざ当店に来店客が複数名もいるのか?

というのは、本州から来店されるお客様は、出張で新ひだか町に来られる方で、九州から来られる方は、新ひだか町にある病院に出張して来られるお医者さん。

他にも、本州から来店される方では、馬産地でもあることからJRA関係者、営業マン……などが、当店に立ち寄って下さります。

当店の2件隣が、「ホテルサトウ」というビジネスホテルでもあり、当店はJR静内駅から一番近い理容室ですが、そのJR静内駅の近くには「みやざき旅館」「とみおか旅館」と、旅館があり、こうしたホテルや旅館に宿泊されて、空いた時間を利用して、当店を利用して下さっています。

また、JR静内駅から一番近い理容室で、当店の向かいには公共駐車場があるため、駐車もしやすいというのも、分かりやすいのかもしれません。

それだけ、忙しい人が多くなったということでもあるでしょうが、わざわざ当店を選んで来店されているのでしょうから、お客様の満足度を心がけて実施していきたいですし、サービスの質を高めることを、常に考えていきたいものです。。。

新たなパーマ液(アリミノ・コスメカール)を試してみることに

当店では、パーマ液については、カールの強さ、お客様の毛のダメージ度合いなどによって、いわゆるデザインパーマについては、パーマ液を4種類、使い分けています。

最近は、ヘアカラーもしていて、パーマをかけたいというお客様もいるため、カラーとのコンビネーションと髪の毛のダメージレスも考え、うるおいリッチ成分(ローズヒップ、アボカドなど4種類の植物オイル、保湿系美容液成分)と毛髪補修成分を配合した、アリミノのコスメカールを仕入れて試してみることに。



商品説明では、

「コスメカール」には、分子量が小さくて毛髪内部に浸透しやすい毛髪軟化成分システアミンを採用しました。毛髪を膨潤させずに効率良くカールをつくり、タンパク質の流出によるダメージを防ぎます。

とあり、気になるパーマ液の臭いについても、

3種のエキスが、施術時に発生する反応臭を取り込みます。さらに、マスキングしきれなかったニオイを長時間コーティングする、アリミノオリジナルの持続性フレグランス成分を配合。ご自宅でも、ふんわりやさしいシルキーフローラルの香りをキープします。

となっています。

DSCF9893.jpg

いきなり、お客様に使用するわけにはいきませんから、当店の場合は、母の髪にパーマをかけて使用してみましたが、これまで使用していたアリミノのパーマ液に比べると、パーマ液のシステアミン独特の気になるニオイも軽減していますし、仕上がりのカール度合いも、イメージしていたカールを表現できました。

実感としては、十分使えるパーマ液ですし、毛髪のダメージレベルに合わせて、数種のコスメカールも仕入れてみようと思います。

さて、当店のパーマ液は結局、何種類になることやら。。。(苦笑)
プロフィール

nigishi

Author:nigishi
北海道日高管内新ひだか町静内本町にて理容室を営んでおります。

当店の営業時間や休業日や料金などは、リンク先にあります、当店のHPにて、ご確認下さい。

読み逃げもコメントも大歓迎ですが、記事に関係の無いサイト宣伝や商品宣伝などのコメントは勝手ながら削除させていただきますので、ご了承願います。

どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
526位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北海道
47位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR