町の電器屋さんに「市販のドライヤーのどれがいいですか?」と尋ねられた僕のオススメのドライヤー。

先週、自治会(町内会)の総会があり、その出席した様子は別のブログ記事で書きましたが、その総会の懇親会の後に、二次会に行ってきた話を今回は少々書いていきます。

その自治会総会の懇親会は21時頃まで行い、その後は同じ町内会に住む、ベスト電器静内店の社長と2人で、2次会として近くの会員制バーの「月光」へと行ってきました。

160312_3.jpg

この「月光」では、他のお客さんがいなかったこともあって、日本バーテンダー協会のソムリエでもあるマスターと3人で、社会問題や地域経済について、他にも家族の話や教育論についてなど、中身のある会話をしてきましたが、その会話の中で、面白い質問がありました。

というのが、記事タイトルにも書いたことでもありましたが、お互いの仕事についての話をしていた時のことですが、ベスト電器静内店の社長に

「ニギシさんは市販のドライヤーはどれがいいと思いますか?」

と尋ねられました。

相手は町の電器屋さんでもあり、家電アドバイザーとしてのプロでもありますが、仕事でドライヤーを使っている僕なら、どのメーカーのドライヤーを挙げるのだろうか?と考えての質問だったとも思います。

そこで答えたオススメの市販ドライヤーですが、今は各メーカーでもそれぞれに特徴を出したドライヤーが出ていますから、用途に応じて買い求めたり、使用するのが、使う人にとってベストだと思います。

ただ僕個人としては、消費者の立場で考えると、価格の高すぎるものは、商品自体の質が良くても、購入するには躊躇してしまうというものもありますから、例を挙げると、ドライヤーでは、最近ではダイソンのドライヤーが話題にもなりましたが、このドライヤーは質は非常に良いとは思いますが、価格を考えるとオススメできるというタイプではありません。

そこで、僕が答えたオススメの市販ドライヤーは、価格が特別に高すぎるというタイプではなく、コスパを考えて

「シャープ プラズマクラスター搭載ドライヤー」

をオススメのドライヤーとして挙げました。



シャープといえば、プラズマクラスターが有名でもありますが、プラズマクラスター搭載ドライヤーは、髪の毛の静電気を抑える効果がありますので、髪の毛のからまりや枝毛・切れ毛を抑えてくれます。

また、セット用のノズルも、他メーカーのものよりも口の部分が狭くなっていますから、ノズル使用時はブロー効果も高めてくれます。

この他にも、「速乾エアロフォルム」で、風量や熱だけに頼らない速乾力を実現しており、髪の毛が受ける熱ストレスも抑制されます。

価格帯も高額というほどではありませんし、ただ単に髪の毛を乾かすというだけでなく、上記に書いた効果が期待できることもあって、「シャープ プラズマクラスター搭載ドライヤー」をオススメしたというわけ。

この答えに、ベスト電器静内店の社長も思わず納得されていましたが、冗談まじりで

「それなら、お店のPOPにヘアーサロンニギシおすすめと書いておきます…」

とも言われてました。(笑)

そのヘアドライヤーについてですが、当店では家電量販店などで販売されている一般的なドライヤーではなく、理美容室専用のドライヤーを使用しています。

多くの理美容室では、ディーラー(問屋)から、耐久性に優れていて、用途に応じるプロ専用のドライヤーを使用しているとも思いますし、当店では4種類のドライヤーを用途によって使い分けています。

そのドライヤーのメーカーはシャープではありませんし、理美容室専用のメーカーのヘアドライヤーですから、決してシャープの回し者ではありません。(苦笑)

また、お客様から「お店で使っているドライヤーを売ってほしい…」ということもあり、当店で取り寄せして販売したこともありますが、いわゆるプロ用のヘアドライヤーも様々なタイプのヘアドライヤーがあり、使う人の用途によってオススメできるドライヤーも様々あります。

当店でも、そうしたヘアドライヤーの取り寄せや販売も可能ですし、他の理美容室でも、理容室や美容室で使用しているドライヤーが欲しいという場合は、お店で対応してくれるはずですから、理容室や美容室で使っているドライヤーの多くは、市販されている一般のドライヤーと比べると、耐久性は優れていますから、そうしたヘアドライヤーが欲しいという場合は、価格帯も様々で、色々なタイプもありますから、担当者に相談してみるといいですよ♪
スポンサーサイト

お客様から「市販のシャンプーでオススメはありますか?」と尋ねられ、僕がオススメしたシャンプー。

昨日、来店した常連のお客様のDさんから、シャンプーについての話をしていた時に「市販のシャンプーでオススメはありますか?」と尋ねられました。

そこで僕が答えたシャンプーですが、Dさんの頭皮状態や髪質なども考え、クラシエのHIMAWARI(ひまわり)をオススメしました。

himawari_002.jpg

なぜ、このクラシエのHIMAWARI(ひまわり)がオススメなのかは、Dさんには直接言葉で伝えましたが、今回はブログでちょっと書いてみます。

まず、市販のシャンプーの多くは、洗浄成分が強すぎるものが多いです。

というのも、分かりやすく説明すると、価格を低く抑えるため、いわゆる洗剤の洗浄成分にも使われている成分が多く、洗浄力が強すぎるために、頭皮を痛めたり、髪のパサつき、フケ・かゆみなどを引き起こすことにも繋がりますし、髪の毛も乾燥しやすくなるため、髪の毛がパサつくことにもなります。

良心的な理美容室のお店で使用しているシャンプーは、高品質で低刺激のアミノ酸シャンプーを使われているところが多いとも思いますが、市販のシャンプーでもコスパの良いアミノ酸系シャンプーとしては、僕個人では、上記にも書いたクラシエのHIMAWARI(ひまわり)をオススメします。

市販品のアミノ酸シャンプーの殆どのものが、ほんの少しだけアミノ酸系成分を配合し、他は低品質の洗浄成分でまとめられたものが多いですが、クラシエのHIMAWARI(ひまわり)の配合成分を読む限りでは、しっかりとアミノ酸系洗浄成分が配合されています。

そして、この「HIMAWARI」(ひまわり)の特徴にもなっていますが、「ヒマワリ種子油・ヒマワリ種子エキス・ヒマワリ花エキス・ヒマワリ芽エキス」と、ヒマワリのエキスが配合されています。

ヒマワリ種子油は、抗酸化作用をもたらしてくれる成分ですので、紫外線から髪の毛を守る効果があり、他のヒマワリ系エキスも、髪の毛に保湿作用をもたらします。

ノンシリコンシャンプーの割には、泡立ちも良く、メーカーのクラシエのシャンプーは、当店でもファーストシャンプーで使用していますが、市販シャンプーのメーカーでは、比較的刺激性の少ないシャンプーを出しています。

市販シャンプーでは、クラシエでは「いち髪」なども出しており、「いち髪」もCMなどで見かけた方も多いと思いますが、成分配合を見比べると、僕個人としては「いち髪」も良いシャンプーだとは思いますが、「HIMAWARI」(ひまわり)の方が、もうワンランク上だと思います。

お客様のDさんには、上記の説明をして、市販シャンプーとして「HIMAWARI」(ひまわり)がオススメできることを説明しましたが、頭皮や髪質などによっては、別のシャンプーをオススメしますし、シャンプーは人によって合う合わないということもあります。

当店では、お客様の頭皮状態や髪質なども見た上で、シャンプーの相談などもお受けしてますので、気軽に尋ねて下さい。。。

顔剃りや耳掃除の際に思ったこと……耳は思った以上に汚れている人が多いですよ。

理容室の当店では、顔剃りの際に、耳のうぶ毛を剃りますし、総合調髪されるお客様で希望のお客様には、耳掃除も行っていますが、そこで思ったことを少々書いていきます。

その思ったことというのは、タイトルにも書きましたが、耳って思った以上に汚れている人が多いこと。

d681eec0a745dc26f348631b8f211e9e-e1460688794744.jpg

身体や髪の毛は、お風呂に入った時に洗いますし、顔も毎日洗顔されるでしょうが、耳を洗うという感覚を持つ人は少ないように思います。

実際に、顔剃りや耳掃除の際に、お客様の耳を毎日のように見ますが、耳が綺麗な人もいれば、汚れているという人もいます。

耳も顔と同じように皮脂がでたり汗をかいたりしているため、耳は皮脂が溜まりやすく、汚れが残りやすいところでもあり、外部からのほこりも蓄積しやすく、それがいつの間にか耳垢にもなってしまいます。

また、近年テレビ番組などでも取り上げられていますが、耳は加齢臭が発生しやすいポイントだとされていて、耳の後ろは皮脂腺が多く、汗をかきやすいところで、皮脂分泌が活発です。

その耳の後ろは、加齢臭の原因であるノネナールを発生する場所でもあり、耳は、鼻と同じ高さにあるので、自分では中々自分の耳の後ろのニオイが感じづらく、他人にはニオイを気づかれやすいところでもあります。


そうした加齢臭の原因にもなっていますから、入浴時に耳をキレイに洗うこともオススメします。

ただし、耳の穴に水が入るのが怖いと思う人も多いでしょうし、強く洗いすぎても傷つける恐れもありますから、濡れたタオルを固く絞り、外周・耳の後ろ・耳たぶをこするように拭き取り、内部は、指にタオルを巻きつけ、軽くこするように拭くのがいいかと思います。

なお、注意したいことは、耳の皮膚は、ほかの部位より薄くできているため、傷つきやすく、炎症を起こしやすい場所です。

硬いタオルなどでこすり過ぎてしまうと、皮脂を余分に取ってしまうことがありますから、できるだけ優しく洗うことがポイントにもなります。

耳を洗うと、スッキリとしますし、数分間の軽い耳マッサージを行うと、心と身体のリラックスを促すこともできるので、オススメです。

ぜひ、試してみてください。。。

パサつく髪の毛対策に、シャンプー前のオリーブオイルでのヘアケアがお勧め。

昨日、来店されたF様との何気ない会話の中で、

「最近、どうも髪の毛がパサつくんだけど……」

という話がありました。

寒くなってきたこの時期は、北海道内では室内でストーブを使いますから、どうしても頭皮も髪の毛も乾燥しがちになります。

そうした時期的な関係もありますよ……という話をし、パサつく髪用としてのヘアケアをお勧めしました。

それが、タイトルにも書きました、シャンプー前のオリーブオイルでのヘアケア。

41sRYqA9C8L.jpg

女性ならば知ってる人も割と多いかもしれませんが、エキストラバージンオリーブオイルは、オレイン酸をメインに、数種類の脂肪酸が含まれていて、オレイン酸は、肌の角層内の細胞と細胞の間にある細胞間脂質の40%がオレイン酸という程、肌馴染みのよい脂肪酸です。

髪の毛の外側は、3層構造のキューティクルで守られていますが、キューティクルの中のたんぱく質と脂肪酸が結合した「F層」という層が、髪の毛を守る効果となっており、この「F層」は、脂肪酸が含まれているため、エキストラバージンオリーブオイルは髪の毛と頭皮にもとっても相性が良いのです。

そのエキストラバージンオリーブオイルの頭皮への使い方ですが、

1.シャンプー前のドライヘアに、コンディショナーをするような要領で、髪の毛全体に馴染ませます。(沢山の量でなくてもいいです)

2.そして頭皮をマッサージ。

3.その後で、通常通りにシャンプーをする。


これでOKです。

後は、シャンプー後に、ドライヤーでしっかりと乾かすことも大切ですが、髪の毛の仕上がりは、かなりしっとりしますから、すぐに効果が感じられるはずです。

オリーブオイルというと、かえってベタつくのではないのだろうか?と思う人もいるかもしれませんが、良質なエキストラバージンオリーブオイルは、肌にも直接使えるほどですから、ベタベタするようなこともありませんので、パサつく髪の毛が気になる方は、ぜひ試して下さい。

トニックシャンプーや「冷やしシャンプー」のデメリット

先日、お客様とトニックシャンプーの話になりました。

「最近フケが多く出るんだけど……」という話から、頭皮を見させていただくと、頭皮が乾燥がちで、やや荒れている状態。

色々と話を聞いている中で、使用しているシャンプーについて聞いてみたところ、サン■ターのトニックシャンプーを使用しているのだとか。



そこでトニックシャンプーについてのデメリットを説明し、頭皮状態などから、シャンプー剤を替えた方がいいことを説明しましたが、当店ではトニックシャンプーはオススメしません。

なぜかといいますと、トニックシャンプーのメリットは爽快感と刺激の強さでもあるでしょうが、その爽快感と刺激の強さが、髪の毛と頭皮にとってはデメリットとなります。

全てのトニックシャンプーの成分分析まではしていませんが、多くのトニックシャンプーは洗浄成分がかなり強く、爽快感にも繋がるメントールが高配合で含まれています。

また、多くの理容室で夏の時期に「冷やしシャンプー」をメニューに取り入れているところが増えてきましたが、当店ではこの「冷やしシャンプー」は行っていません。

main.jpg

北海道でも夏は比較的涼しい新ひだか町にある当店では、「冷やしシャンプー」の必要性もそれほど感じていないということもありますが、この「冷やしシャンプー」で多くの理容室で使用しているのはク■シエの「冷シャンプー」とも思いますが、この「冷シャンプー」についても成分を見せていただいたことがありますが、こちらもトニックシャンプーと同じく、洗浄成分が強く、頭皮に対しての負担がかなり強いとも思います。

勿論、トニックシャンプーや冷やしシャンプーを否定するわけではありませんが、あくまでも個人的な見解ですが、特に薄毛の方や頭皮の状態が気になる方は使用すべきではないとも思いますし、成分を考えると、頭皮の負担が大きいと思われるものは、理容としての仕事でも極力避けるべきとも思っています。

以上の理由から、当店は、トニックシャンプーや冷やしシャンプーをしていませんが、このようなシャンプー剤についてや、頭髪化粧品についてなど、何か気になることがあれば、気軽に相談してほしいですし、僕自身もまだまだ勉強不足で分からないところも多いですが、できるだけお客様の相談には答えていきたいですから、気になることが少しでもあれば、お声をかけて下さい。
プロフィール

nigishi

Author:nigishi
北海道日高管内新ひだか町静内本町にて理容室を営んでおります。

当店の営業時間や休業日や料金などは、リンク先にあります、当店のHPにて、ご確認下さい。

読み逃げもコメントも大歓迎ですが、記事に関係の無いサイト宣伝や商品宣伝などのコメントは勝手ながら削除させていただきますので、ご了承願います。

どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
526位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北海道
47位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR